妊娠線予防の方法特集!

妊娠線は一度できてしまうと二度と消えないと言われています。

 

それだけに妊婦さんなら誰もが『できる限り確実に成功させたい!』のが妊娠線予防ではないでしょうか。

 

そこで、このサイトでは妊娠線予防クリームやオイルだけではない、妊娠線予防の方法のすべてを詳しくご紹介して行きます。

妊娠線予防の方法

妊娠線予防の方法は、大きく分けて3つあります。

  • 肌の保湿
  • 栄養補給
  • 急激に太らないこと

この3つのことが大切になってきます。

 

ではいきなりですが、絶対に作りたくない妊娠線予防するためにこれらの方法を1つずつ見ていきましょう。

 

また、それぞれの段落でオススメのアイテムもご紹介していきます。

肌の保湿

肌の保湿妊娠線予防において最も大切なことですよね。
おそらく今このサイトをご覧いただいているあなたも、妊娠線予防の方法で注目してご覧いただいてるはずです。

 

妊娠線予防のための肌の保湿には大きく分けて2つの要素があります。

  • 肌の内部まで浸透させる内部保湿
  • 肌の表面に油膜作って潤い逃さない表面保湿

この2つの要素が妊娠線予防のための肌の保湿において大切になってきます。

 

隣の人の妊婦の方でも、オイルとクリームを両方を使ったりするのはこの両方の保湿を並行して行う事が大切であることを知っているからなんですね。

 

例えば、一流モデルの梨肌さんは、妊娠線予防のために内部保湿化粧水を使って保湿した後に表面からオイル(ヴェレダマザーズボディーオイル)を使って妊娠線予防をしておられました。

 

また、小栗旬さんの奥さんの山田優さんは、やはりお風呂に入ってその時に化粧水で肌を保湿することと、その後最後の仕上げにお風呂上がりでオイルを手早く塗るという妊娠線予防の方法を実践されていました。

 

山田優さんが使っていた妊娠線予防オイル【バイオイル】

 

また妊娠線予防には、このように別々に内部保湿と表面干してオイルと化粧水などのスキンケアアイテムを使うという方法もありますが、このような役割の両方を1本でこなすことができるのが妊娠線予防クリームです。

 

ただし、妊娠線予防クリームは、表面保湿と内部保湿の両方を行うことができるクリームであるので、量をケチらずに使う事が大切です。

 

妊娠線予防クリームはそれなりの値段がしてしまってちょっと高く感じるという方も割れると思いますが、
実はメーカー公式ホームページなどからお得な買い方が出来る物もたくさんあります♪

 

ですので、各クリームのの商品詳細の別ページで詳しくご紹介していきたいと思います。

 

妊娠線予防の方法として次に大切な栄養補給についてみてみましょう。

 

栄養補給で妊娠線予防

栄養補給で妊娠線を予防することができる。というのは間違いありません。

 

実は、これは後ほどこのページの中で詳しくご紹介するものなのですが、妊娠線ができる原因と肌の中での場所が、肌の内部で起こっているひび割れ、肉割れといったものが妊娠線だからです。

 

営業補給で妊娠線予防というと『じゃぁ具体的にどんな栄養をとればいいの?』というふうに疑問に思われることでしょう。

 

妊娠線予防のための栄養補給は、実はお腹の赤ちゃんのためにも役立ちます。

 

大まかに言えば妊娠線予防のための栄養補給は

  • 葉酸
  • アミノ酸
  • タンパク質
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

といった栄養素になります。

 

妊娠中は妊婦検診のために体重管理をされている方が多いと思いますが、
産院によっても変わりますが、産婦人科の先生に言わせてみると、しっかり栄養補給をして、太りすぎないことだけが大事。ということになるんだそうです。

 

つまり妊娠中の体重管理については赤ちゃんの大きさにも個人差がありますし、
胎盤や陽水といった赤ちゃんのために必要なもの。

 

そして、赤ちゃんに栄養を運ぶための血液の量が増えるなどの妊娠中の体の働きから、
細胞増殖と造血ビタミンとも呼ばれる葉酸の摂取が非常に重要になります。

 

葉酸てどんな栄養素?

葉酸とは、ビタミンB群の栄養素のうちの1つで、ビタミンB9やビタミンエムとも呼ばれています。
同じビタミンB群の仲間であるビタミンB12との共同作業で、ママの体の中で血液をつくります。
またその血液で栄養をしっかり運ぶ事によって赤ちゃんの体の細胞増殖を促します。
そして、細胞増殖のためのDNA情報に対しても核酸の中に入り込むことができる
葉酸は『細胞増殖そのものに関わっている栄養素』と言われているんですね。

 

葉酸を摂取することによって、肌の奥でコラーゲン(たんぱく質)がアミノ酸によって作られることを促して

 

『妊娠線予防で最も大切な肌の柔軟性を確保する』効果を持っているのが葉酸なんですね。

 

また、葉酸はお腹の赤ちゃんの初期の成長段階での『体の中心』でもある神経管形作っていく役割を担っています。

 

妊娠中に葉酸の摂取が不足すると、先程の神経間を作る働きが十分に行われず、
奇形の赤ちゃんが生まれたり、最悪の場合で無脳症や43流産の可能性まで出てきてしまいます。

 

こういったことを防ぐためにも妊娠中は、妊娠前の通常時に対して約倍の量の葉酸を摂取することが妊婦さんにとって大切であると言われています。

 

厚生労働省の葉酸摂取の推奨量も通常時が240ug(マイクログラム)と言われているのに対して、妊娠初期から安定期にかけて葉酸の摂取量は450〜500ugとされています。

 

このように通常よりもずっと葉酸の重要性が高まるのが妊娠中なんですね。

 

このように妊娠線予防には栄養補給といった側面もあるということもあるんですね。

 

お腹が垂れ下がらないようにする

妊娠中は安定期に差しかかる『妊娠5ヶ月目の犬の日』を境に、急激にお腹が大きくなり始めます。

 

それは妊娠初期の頃に、分泌される女性ホルモンのヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンの働きによって、肌の柔軟性が失われやすくなる事が1番の注意点なんです。

 

この安定期に差し掛かった最初の犬の日の時に飯山と赤ちゃんの健康な成長を願って『岩田帯』という“さらし”を巻きます

 

岩田帯というさらしの役割は、妊娠線ができると言われる妊娠後期にお腹が前方に突き出した状態を少しでも支えて肌が伸びきってしまうことを予防するためでもあります。
赤ちゃんが順調に健康に育っているという理由の1つですから、お腹が大きくなること自体は喜ばしいことです。しかしながら、妊娠中の気になる要素の1つである妊娠線予防という観点から見てみるとお腹が大きくなることも『良いことばかりではない』

 

ということになります。妊娠後期になると、骨盤も広がって内装も下に落ちてきて、子宮が押し出される分だけお腹が前方につき出ます。

 

その分だけ、伸びきった間さらにパンパンになってしまう方向に向かってテンションが上がってしまい、それが妊娠線の主な原因になると言われているくらい大きな要素なんですよ。

 

妊娠後期にお腹が大きくなる動きに合わせて
お腹をあまりきつく締めすぎない程度に柔らかく支えてあげることによって、お腹周りの皮膚の負担が少なくなるんですね。

 

それによって妊娠線予防の助けになります。

 

また、岩田帯というのは、日本手ぬぐいのような生地でできているため『妊娠中にお腹が冷える事を予防する効果』もあります。

 

通常のタオルよりも若干硬い肌触りなのですが、その分通気性も少ないため、お腹が冷えてしまう心配がないんですね。

 

このような、岩田帯という妊娠線予防の方法もあるという事は覚えておくと良いでしょう。

 

妊娠線予防はいつから?

妊娠線予防は、基本的にお腹が大きくなるよりも前から始めるのが理想的です。

 

この後の妊娠線の原因のところで、もう少し詳しくご説明しますが、妊娠中はホルモンバランスの変化が起こると同時に通常では分泌されないホルモンも分泌されるんです。

 

先ほど栄養補給の所でも一度登場した、ヒト絨毛性ゴナドトロピンが、肌のターンオーバーサイクルの乱れさせてしまい、方の柔軟性を奪う働きを持っています。

 

このホルモンが分泌つされるのが妊娠初期であるため、
妊娠初期から『肌の乾燥や敏感肌になってしまう』といった肌の急激な変化を実感することが多いんです。

 

こういった変化が起こっているタイミングでしっかりと妊娠線予防を行ってあげることがとても大切になってくるんです。

 

以前は、お腹が大きくなり始める安定期の頃から保湿や体を冷やさないこと、栄養補給などの対策をしっかり行っていれば
妊娠線予防はできると言われていましたが、最近では先程の変わった名前のホルモンの分泌通が明らかになったり、

 

さまざまなわからなかった事が分かり始めてきたことによって、妊娠初期から妊娠線予防を行う事が大切と言われるようになり始めたんです。

 

妊娠線の原因

妊娠線ができてしまう原因は、先ほども軽くご紹介しましたが、妊娠初期に分泌される『ヒト絨毛性ゴナドトロピン』というホルモンによって
肌の柔軟性を生み出しているコラーゲンとエラスチンが硬くなってしまうこと。

 

妊娠安定期から後期に向かってお腹がどんどん大きくなっていって、肌に張り詰めるような強烈なテンションがかかってしまうという2つの要素が原因になります。

 

先ほど、妊娠線予防のための栄養補給の所でも軽く触れましたが、
葉酸やタンパク質、アミノ酸などの栄養素をしっかり吸収して肌の柔軟性を保ってあげることが妊娠線予防としてはとても大切なります。

 

また、妊娠線予防クリームとオイルで行う意味というのは、肌の表面からの保湿とスキンケアによって肌の柔軟性を少しでも上げておくということが目的になります。

 

栄養補給による体の内側からの柔軟性確保が大切です。
そして肌の表面からのクリームやオイルによる方の柔軟性を確保すること。

 

あまりにもテンションがかかりすぎてしまわないようにするために適度に体重をコントロールすること。

 

そして、岩田帯(いわたおび)などのさらしを使ってお腹をしっかり支えてあげることも大切です。
妊娠5ヶ月目の『戌の日』に安産祈願を込めて巻く腹帯が岩田帯とも呼ばれています。

 

腹帯(ふくたい・はらおび)とも呼びますが、ちゃんとした巻き方があり、
お腹を冷やさないことで逆子を予防して安産に導く効果があり、
前に突き出ているお腹の皮膚を温めながら包み込むように支えることで、妊娠線予防の効果があります。

 

腹帯(岩田帯)の巻き方と妊娠線予防効果

 

これらが妊娠線予防のための大切な要素になってくるのですが、これは妊娠線の原因が、お腹にテンションがかかってしまうこと。
基本的にとった栄養素が赤ちゃんのために優先で使われてしまうことなどが挙げられます。

 

これらの要因が複雑に絡まりあってできているのが妊娠線なんですね。

妊娠線ができてしまう場所

妊娠線ができてしまう場所も覚えておくと、産後にキレイな体を維持することに役立ちます。

 

妊娠線は、妊婦さんのお腹だけにできるわけではありません。

 

妊娠線ができてしまう場所は・・・

  • 腰まわり(ヒップ)
  • 太もも
  • ふくらはぎ

といった下半身や

  • バストの下側と横

といったところの上半身にもできる場合があります。

 

というのも、妊娠線というのは妊娠することによってできると思われがちですが、太ってしまったことによって、肌にテンションがかかってしまったり、
急激なダイエットをしたことで、肌にたるみができてしまった後に再びリバウンドしたり、といったことも原因で起こってしまう場合があるんです。

 

また、成長期の子供でも、1年間で10センチ以上も成長するような場合半田のひび割れという形で妊娠線ができる場合があります。

 

このように肌が急激に引っ張られて伸ばされてしまうといった形の負担が急激にかかることでできてしまうのが妊娠線なんですね。