妊娠線は4ヶ月目でも出来る?正しいケアと対処法

妊娠線は、個人差によって出来てしまうタイミングが違います。

 

一般的には安定期の6ヶ月目〜後期の7ヶ月目末頃が出来やすいと言われていますが、中には早い方だと妊娠4ヶ月目で出来てしまう方もおられます。

 

妊娠4ヶ月目と言えば、まだまだお腹も大きくなり始める頃で、赤ちゃんの大きさもおよそ親指くらいの大きさである事が多いため、痩せ型の妊婦さんでは周囲から気づかれない方も多いようです。

 

しかしながら、このようなタイミングである妊娠4ヶ月目で妊娠線が出来てしまう方もおられるのはどういった理由からでしょう。

 

また、4ヶ月目と言えば当然ですが、まだまだこれからお腹が大きくなるので、これからが心配です。
お腹が本格的に大きくなりはじめれば、妊娠線のひび割れがもっと広がってしまったり増える事も考えられるからです。

 

一度出来てしまうと完全になかったように消すのは難しいと言われる妊娠線ですが、悪化させないためのケアを正しく行う事で悪化を防いで行きましょう。

妊娠線が出来てしまう原因と仕組み

妊娠線が出来てしまう原因は、肌の乾燥にあります。
妊娠中で月齢が進むほどにお腹はどんどん大きくなって行きますが、赤ちゃんの成長スピードに合わせて大きくなるお腹に皮膚の伸縮が追い付かない事が直接の引き金(原因)になるんですね。

 

しかしながら、これは妊婦さんなら誰もが知っている事です。

 

その妊娠線が出来てしまう原因のもっと深いところに妊娠線が出来てしまう仕組みがあります。

 

その妊娠線の仕組みとは、妊娠初期に分泌量が増える『ヒト絨毛性ゴナドトロピン』という女性ホルモンの1種が分泌される事によって生成される『コルチコステロイド』という物質が、妊娠中の肌の乾燥
のそもそもの元凶です。

 

このような原因と仕組みが、妊娠線が妊娠4ヶ月目などの早い時期dに出来てしまう方もおられる理由です。

妊娠4ヶ月目で妊娠線が!ケアはどうするの

妊娠4ヶ月目で妊娠線が出来てしまったと言っても、まだまだ妊娠線ケアは間に合います!

 

もうすぐ安定期に入るとは言っても、このような早い時期で妊娠線が出来てしまったのはショックを受けておられると思いますが、ここで諦めて保湿ケアを止めてしまったら、妊娠線のひび割れが大きくなったり枝葉状に本数が増えたりします。

 

妊娠4ヵ月と言えば、まだまだこれからお腹が大きくなって行きます。まだつわりがある方もおられるはずですので、匂いに敏感になっておられる方もいらっしゃるはずです。

 

ですので、つわりが残っておられる方なら、無香性のベルタマザークリームや爽やかなビターオレンジの香りが人気のノコアアフターボディトリートメントクリームで、まだ薄い妊娠線を深いものにならないように保湿ケアを行って行きましょう。

 

また、小柄な方やもともと乾燥肌の方で、4ヶ月目で妊娠線が出来てしまっている方は、脱毛サロンで開発された肌トラブル専用クリームのプリモ妊娠線予防クリームがおすすめです。

 

小柄な方や乾燥肌の方は、これから出産に向けてどんどんお腹が大きくなって行きます。
それにつれて肌の負担も強く大きくなって行きますので、肌の柔軟性を高める必要があります。

 

海洋浸透保湿成分を贅沢に配合しているプリモ妊娠線予防クリームは、肌の柔軟性を高めるのに最適です。

 

妊娠線が出来やすい人は?

妊娠線が出来やすい方は、以下のような条件にあてはまる方です。

 

  • 皮下脂肪が厚めの方
  • 皮下組織の脂肪層は肌表面の皮膚に比べて柔軟性がないため、ひび割れを起こしやすくなります。

  • もともと乾燥肌の方
  • もともと乾燥肌という方は、特にクリームでの予防策が必要です。

  • 小柄な方
  • 2人目3人目を妊娠される経産婦の方
  • 妊娠中に体重が急激に増えている方

 

このような条件にあてはまる方は、特に妊娠線予防に肌をしっかり保湿して、柔軟性を高めてあげる事が大切です。