赤みを帯びた妊娠線の予防方法を知ろう!

妊娠線 赤み

妊娠後期になると、妊娠線予防で保湿を心がけていたにも関わらず妊娠線が出来てしまったという方もおられます。

 

妊娠線は、出来たばかりの赤みを帯びた状態で、早めに悪化予防の対策をすることが大切です。

 

赤みを帯びた内出血の妊娠線を新妊娠線と言います。
これを放置してしまうと、裂けた傷口が肌内部で広がり、凹凸が目立って白銀色になる旧妊娠線になってしまうんです。

 

妊娠線は、出来たばかりの赤みを帯びた段階でのケアがその後を分けてしまいます。

 

この段階でしっかりケアを行うためには、市販のボディクリームではなく、妊娠線ケア専用のクリームがおすすめです。

 

中でも、おすすめのクリームは、ノコア・アフターボディ・トリートメントクリームです。

 

ノコアボディークリーム

 

ノコアをおすすめする理由は3つあります。

 

  • ホホバオイルやアルガンオイルなど肌の傷修復に効果的なオイル配合
  • パラベン、合成香料、着色剤、界面活性剤など不使用
  • 出来てしまった妊娠線が薄くなったとの口コミで評判のクリーム

 

妊娠後期の出来たばかりの妊娠線ケアは早めの対策が大切です。

 

妊娠線が赤みを帯びている今のうちに、しっかりとした妊娠線ケアを行いましょう!

 

ノコアボディクリーム公式サイト

 

女性は妊娠すると赤ちゃんの成長とともに腹部が大きくなり肌の表皮は赤ちゃんの成長にあわせ伸びていきます。

 

ですが、皮下組織の一部や表皮は表皮の様には伸びにくいので、大きくなる腹部の伸びについていけず亀裂が発生してしまい、赤みを帯びた線状斑があらわれてしまいます。

 

この赤みを帯びた亀裂は妊娠線と呼ばれており、痛みは無いのですが、かゆみを発生してしまうことがありますので、爪などで引っかかないようにすることが大事です。

 

妊娠線ができた最初の頃は赤紫色をしているのですが日にちが経つにつれ白くなり目立たなくなるのですが、お腹にできたしまった亀裂は完全に消えることはありません。

 

この妊娠線は、つわりが終了した妊娠初期以降に出始めるのですが、腹部だけではなく太ももや乳房などにも現れやすく、一般的に皮下脂肪が厚い方に現れやすいといわれています。

 

一度妊娠線の亀裂が現れてしまうと完全には消えませんので、できないように予防することが大切なんですよ。

 

産婦人科では、妊娠線の主な予防法は、妊娠中の体重の増加を8キロから10キロ以内に抑える事を注意されますが、それだけでは妊娠線予防には不充分と言えます。

 

なぜなら、体重管理に細心の注意を払っていたにも関わらず、妊娠線が出来てしまったという方も経産婦では60%にものぼる確率でおられるからです。

 

もちろん、妊娠中の体重管理は、妊娠線予防だけではなく、妊娠中毒などの赤ちゃんと母体の両方に危険が及んでしまうような病気の予防にも大切なので重要なのです。

 

ですが、妊娠線専用のクリームで柔軟な肌に保つことも、赤みを帯びる妊娠線の予兆が出始める前に対策を施す事が大切なんですね。