妊娠線跡がかゆい!そんな時は・・・

妊娠線跡がかゆいのはいつまで続くんだろう・・・かゆくて夜中にかきむしってしまったりするし、
かきむしった後にちょっとだけかゆみが治まっても、今度はヒリヒリした痛がゆい感じが残る・・・

 

このような妊娠線跡の悩みは個人差はありますが、産後半年から1年弱は続いてしまうと言われています。

 

出産後の妊娠線のピンク色になっている内出血の線はかゆみを伴います。

 

肌の表面ではなく、角質層の奥の繊維組織が断裂しているだけにこればかりは仕方のない事なのですが、
このかゆさでいちばん問題なのは、産後の授乳は短い間隔で母乳をあげなければいけません。

 

その合間でしか睡眠も取ることが出来ないため、その時期で妊娠線跡のかゆさで寝れなくなったりすると
母乳の出にも影響しますし、そうなると赤ちゃんの成長にも影響する可能性があります。

 

なので、なんとかして妊娠線跡のかゆさは、解消しなければなりません。

 

個人差はありますが、かゆみが気になる妊娠線跡は、できる限り保湿をしてあげて
傷の治りを促す新陳代謝を助けてあげるのが良いでしょう。

 

虫刺されのような表面的なかゆみではないので、市販のかゆみ止めは効果が期待できるかどうか微妙なところです。

 

というのも、妊娠線は肌表面のひび割れではないからです。

 

また、できてしまった妊娠線の肉割れは新陳代謝を上げてやることで治りを早めることができるのですが、
そのためには、葉酸やシラノール誘導体などの皮下組織の再生に関わる代謝アップ成分を摂ると良いでしょう。

 

妊娠線予防クリームには、葉酸もシラノール誘導体などが配合されたクリームがあります。

 

葉酸・シラノール誘導体入りベルタマザークリーム詳細はこちら

 

そういった新陳代謝に関わる健康的な成分も利用して、できてしまった妊娠線のケアをして行ってあげましょう。

 

また、妊娠線跡を掻いてしまうため妊娠線の内出血が悪化して、ピンク色の肉割れがしまうという問題もあります。

妊娠線跡のかゆさに効く薬やクリームは?

肌がかゆくなった時にかゆみ止めをぬったり、乾燥肌の方では尿素配合クリームを塗ったりもしますが、妊娠線跡では効果が期待出来るかどうかは疑問です。

 

というのも、かゆみ止めも尿素配合クリームも肌表面の乾燥や炎症を緩和させて、かゆみを和らげるものだからです。

 

妊娠線が出来る仕組みは肌表面にひび割れが出来るものではなく、肌の奥の角質層の繊維組織に断裂が出来てしまうものです。

 

もちろん、肌質にも個人差があり、必ずしもかゆみ止めや尿素クリームでは、妊娠線跡のかゆさ鎮められないという事はないかも知れません。

 

なので、試してみるというのもひとつの方法です。妊娠線跡のかゆみを解消するという表面的な目的はありますが、
そもそも赤ちゃんのお世話とその間に出産で体力を使い果たした母体のケアという絶対に譲れない問題に対処するというのが本当の目的です。

 

可能な限り全力を尽くすという意味で、どんな方法でも試してみるというのは良い事だと思います。

妊娠線跡のかゆみが改善出来なかったら

もし、尿素クリームやかゆみ止めで妊娠線跡のかゆさが解消出来なかったら試して頂きたいのが、妊娠線予防クリームなんです。

 

というのも、妊娠線予防クリームは妊娠中のホルモンバランスが変化している最中にも肌の角質層まで浸透して内部から保湿することと内部保湿のうるおいを逃がさない事が両立できるように成分が調整されています。

 

製品によってもそれぞれに特徴はありますが

  • シラノール誘導体(ベルタマザークリーム)
  • 高浸透型ビタミンC誘導体(ノコア)
  • 海洋由来浸透型保湿成分(超保湿プリモクリーム)
  • 葉酸(AFCストレッチマーククリーム)

これらの肌に浸透する保湿成分がコラーゲン繊維組織を回復させる働きがあると言われているんですよ。

 

このような働きがある有用成分が配合されている妊娠線予防クリームは妊娠線跡のかゆみにも効果が期待出来るということなんです。