妊娠線予防クリームの効果は普通のクリームと違うの?

 

このページでは、妊娠線予防クリームの効果についてご紹介すると同時にこれから妊娠線予防を始める方。

 

また、すでに妊娠線が出来てしまっていてなんとかしたい。におすすめのクリームをそれぞれご紹介します。

 

また、納得して妊娠線予防クリームを選んで頂くために妊娠線予防に大切な要素や予防のコツ、出来てしまった妊娠線のケアについてもご紹介します。

 

クリックで、それぞれの項目に飛べるように目次を作りましたので、もし良かったらご利用下さい。

 

 

おすすめ妊娠線予防クリーム

妊娠線予防クリームのおすすめは、肌質や体格、またはコスパを重視するのかによって変わって来ます。

 

もともと乾燥肌の方の場合なら、化粧水のような浸透型の保湿力に優れた妊娠線予防クリームを使うと良いでしょう。

 

そして、浸透保湿型の妊娠線予防クリームを塗って、その後にニベアやハンドクリームなど肌表面に油膜を張って、浸透させたうるおいが逃げないようにカバーしてあげると良いですよ。

 

また、体格が小さく、お腹の皮膚がたくさん伸びて負担が掛かると予想できる方は、コラーゲン組織を柔軟化と強化をしてあげられる成分が配合された妊娠線予防クリームを使いましょう。

 

こういった視点から、妊娠線予防クリームを選ぶことで自分に最適なクリームを選ぶことが出来ます。

 

また、コスパで選ぶなら内容量も価格もお得で成分もお腹の赤ちゃんや母体に優しい、無添加である事や必要な栄養素でもある葉酸などのミネラルを含んでいる妊娠線予防クリームを選ぶと安心して使い続けられますね。

妊娠線予防クリームの使い方

妊娠線予防クリームの使い方で肌のひび割れや跡が残ってしまう肉割れの予防を成功させる確率がグンと上がります。

 

そのためには、量を控えた使い方をしない事も大切なのですが、ただ単に量を控えてしまうと、肌トラブル予防の確率が悪くなってしまいます。

 

ここは工夫のしどころではないかと思います。例えば、空気が乾燥していない夏や梅雨時などの時期は、クリームを使う量を抑えて、オイルで表面保湿を行ってあげるのも方法です。

 

また、妊娠線予防を肌の保湿ケアと同じか、ある意味ではもっと重要な妊娠中の体重管理ダイエットです。

 

体重が急激に増えてしまうと、17週目から28週目までの安定期で増えて良い体重は、赤ちゃんの成長分と羊水の増量分だけで約2.5kgほどと言われています。

 

これを守るために、その時の体調と相談しながら出来る範囲でウォーキングやマタニティヨガなどを行う事によって、妊娠線予防の確率がグッと上がります。

 

ただし、極端な食事制限などを行ってしまう事は危険なことですので、ちゃんと栄養摂取をしながら食べる量を減らす事が出来るドリンクやサプリが人気になっています。

妊娠線予防のコツ

妊娠線は、産後に旧妊娠線と呼ばれる銀白色のほぼ透明なものに変わります。

 

しかしながら、旧妊娠線になるまでにも時間が掛かります。比較的早い女性でも半年、ひび割れの幅が大きく内出血が大きい方の場合は1年近く掛かってしまう方も。

 

半年から1年近くも赤紫色に線が目立ってしまいますし、旧妊娠線になるまでの間もかゆみが出てしまうので、妊娠線は絶対に予防したいものです。

 

そのためには2つのコツがあります。

 

  • 肌の保湿と柔軟化
  • 妊娠中の体重管理

 

この2つが、妊娠線予防のコツになります。

 

妊娠中の体重管理は、産院の先生や助産師さんにも注意される項目で、
以前は妊娠中毒と呼ばれていた『妊娠高血圧症候群』や『妊娠糖尿病』など、
母体と赤ちゃんの命に関わる病気の予防にもつながるのですが、妊娠線予防にも効果てきめんです。

 

というのも、肌の表面の皮膚は柔軟性があり、赤ちゃんの成長と共に伸びていくのですが、皮下脂肪には柔軟性はなく、
そのため、皮下脂肪も含まれる皮下組織のひび割れが起こってしまうのが妊娠線だからです。

 

比較的痩せ型で皮下脂肪が少なく、筋肉がある女性の方が妊娠線が出来にくいと言われているのはこのためでもあります。

 

また、肌の保湿と柔軟化なのですが、妊娠線が皮下組織のひび割れである事を考えると、肌の表面保湿だけでは予防に充分とは言えません。

 

そのため、ニベアなどの油膜を作る保湿で、予防できる方と妊娠線が出来てしまった方に分かれてしまうんですよ。

 

妊娠線予防のための『肌の保湿と柔軟化』は化粧水のような『浸透するうるおい』とそのうるおいを逃がさないようにする『表面の保護膜を作れる保湿』の両方が必要になってきます。