妊娠線が出来てしまったらどうすれば良いの?

妊娠線 できてしまったら

妊娠線ができないように予防クリーム等を使ってケアをしていても、できてしまう可能性はあります。

 

実際にできてしまったら、その時点でケア等を全て諦めてしまう人も少なくありません。

 

ですが、妊娠線ができてしまったとしても、ちゃんと保湿と肌再生のためのケアを続けていく事で妊娠線はどんどん薄くなっていくんですよ。

 

出来てしまった妊娠線の傷の深さにもよりますが、妊娠線ができてしまったからと言ってケアを諦めると、いつまでも消えない凸凹の跡が残ってしまいます。

 

このページでは、妊娠中に妊娠線ができてしまったらどうすれば良いの?という疑問に、少しでも早く妊娠線を消すための方法として生活習慣や自宅以外で妊娠線を治療する方法、おすすめのアイテムもあわせてご紹介したいと思います。

 

できてしまった妊娠線のケア方法

妊娠線は、一度出来てしまうと消えないと言われていますよね。
それだけに、出来てしまったらガッカリしてケアを諦めてやめてしまう方が多いのが実情です。

 

それは妊娠線が真皮のコラーゲンやエラスチンの皮下組織を断裂させてしまうからですが、皮下組織が裂けてしまっている状態でも、ターンオーバーを活性化させていく事で、断裂していた皮下組織が代謝で新しく生まれ変わりを繰り返す事で着実に目立たなくなっていくんですよ。

 

それには、まず肌の保湿と皮下組織に働きかける事が出来る成分を与えてあげる事なんです。

 

できてしまった妊娠線をケアする保湿の方法

肌がターンオーバーで再生されていく過程を助けてあげるには、保湿を小まめに行ってあげる事がいちばん効果的です。

 

妊娠線クリームやオイルを合わせて使ってあげて、オイルでは肌表面に油膜を作ってあげる水分維持と妊娠線クリームでの代謝を上げる成分の浸透。
両方のアプローチを行ってあげる事で、肌細胞の生まれ変わりが促進されて、少しずつ出来てしまった妊娠線も消えていく効果が期待出来ます。

 

保湿ケアのおすすめアイテム
AFCストレッチマーククリーム

妊娠中に妊娠線ができてしまったら?

AFCストレッチマーククリームは、その名前の通り出来てしまったストレッチマークをケアするために開発された妊娠線専用クリームです。
妊娠中と産後の両方でママさんに必要になる成長因子の栄養素である葉酸をたっぷり配合。
妊娠中・産後の女性100人の声から生まれたストレッチマーククリームはできてしまった妊娠線にアプローチ出来るクリームとして人気のアイテムです。

 

出来てしまった妊娠線ケアを続けていくには価格的にも手頃なクリームで、香りもライトなオレンジという感覚のネロリの香りで気分的にもリラックスさせてくれますよ。

 

妊娠線 できてしまったら

 

ノコア・ボディクリーム

妊娠中に妊娠線ができてしまったら?

このサイトでご紹介している妊娠線クリームの中で、できてしまった妊娠線に対しての効果が口コミで多く寄せられているのがノコアボディクリームです。

 

角層への浸透率が200倍にまで高められた高濃度ビタミンC誘導体がコラーゲンの再生成と再構築を促します。
この新型ビタミンC誘導体と一緒に真皮に浸透していくヒトオリゴペプチド13(aFGF)がコラーゲンに巻き付いて肌にハリを与えているエラスチンの再生成と構築を促します。
価格的にちょっと高めのクリームですが、評判の高さで人気のクリームです。

 

妊娠線 できてしまったら

 

AMOMAマタニティオイル

妊娠中に妊娠線ができてしまったら?

日本人女性のデリケートな肌に合うように米ぬか精油をベースに作られた妊娠線ケア専用のオイルです。
特に妊娠中に出来てしまった妊娠線はかゆみを伴う事が多いので、肌に潤いと弾力を与えてくれるオイルでのケアは大切になります。

 

価格的にも¥2,199(税別)と妊娠線ケアを続けていくのに大切なコスパもクリア。
定期コースでの購入申し込みで、さらに割引が適用される上に、使うペースに合わせて自由に届く本数や日程を変更できるのも人気の理由です。

 

妊娠線 できてしまったら

 

妊娠線ケアにおすすめのオイルとクリームの塗り方

出来てしまった妊娠線ケアのためにおすすめのオイルとクリームの塗り方をご紹介します。

 

まずは、肌の再生力をあげる事が大切なので、塗る時にも身体を冷やさないのがコツです。
充分に手を温めてから、オイルを塗って肌も温めて、毛穴を広げてあげてから、再生に効果的な栄養素や成分を持つ妊娠線クリームを塗ってマッサージをするように広げてあげるようにすると良いでしょう。
妊娠線が出来てしまった場所によっては、自分の手では届きにくい場合もありますから、そんな場合は旦那様にも手伝ってもらいましょう。
妊娠中にはあまり身を屈ませたり、身体を捩じるような動かし方は赤ちゃんに負担をかけてしまう可能性もあります。

 

その点、旦那様にも手伝ってもらえば、楽に塗る事も出来ますし、あなたのお腹を通して赤ちゃんとのスキンシップを深める事も出来るので一石二鳥です♪

 

出来てしまった妊娠線ケアのための食生活

冒頭でもご紹介しましたが、妊娠線をケアするには、肌細胞の生まれ変わりを活性化させてあげる事が大切になって来ます。

 

そのためには新陳代謝を良くするための血流活性化が重要です。妊娠後期にはホルモンの影響で、血液が増産される傾向にありますが、根本的に身体が冷えるような食生活を送っていると代謝効率が落ち込んでしまいます。

 

ショウガや唐辛子などは、カプサイシン効果で体温を上げてくれて代謝を良くしてくれることは有名ですが、刺激物の摂りすぎは妊娠中には控えた方が無難です。

 

そこで、巡りもサポートしてくれて、肌細胞の再生と再構築にも有効と言われている葉酸サプリはおすすめのアイテムです。

 

白湯を飲んだり、ホットココアを飲んだりする事でも身体を温める事が出来ますから、妊娠後期の出来てしまった妊娠線ケアにはおすすめですよ。

 

妊娠線ケアに最適な生活習慣

運動やストレッチで身体を温める事は、妊娠線ケアにも有効ですが、妊娠後期でお腹が大きくなった状態ではなかなか苦しいものがありますし、無理は禁物です。

 

もちろん、無理が掛からない範囲での適度な運動は妊娠後期で、お母さんのお腹を通して外界の様子を知る事も出来るまで成長した赤ちゃんにとって、胎教の面でも良い方法ですが、やはり適度な範囲行いましょうね。

 

汗をかくことは、肌代謝を上げるためには最適な方法です。ちなみに肌代謝を高める運動は有酸素運動がいちばん効率が良いです。

 

運動というとトレーニング的なものを思い浮かべる方も多いかも知れませんが、息切れしないように丁寧に運動をする方が、結果的に身体の巡りが良くなります。

 

実は、肌の代謝には酸素によって活性化するミトコンドリアの活動が必要で、そのためには運動も息切れをしないレベルで、普段の呼吸も出来る限り長くゆったりとしたリズムの呼吸を心がけるとターンオーバーも活性化します。

 

なので、妊娠中にできてしまった妊娠線をできるだけ早く治すためにも、リラックスできる運動と呼吸を意識してみて下さいね。