妊娠線はどこにできるの?

妊娠線 どこ

妊娠線が出来るのは“元気な赤ちゃんを産んだ証拠”とか“女性の勲章”と言われますが出来ないようにするのがいちばんです。

 

ところで、妊娠線はどこに出来るのかといえば、大きくなるお腹です。

 

ただ、妊娠中に大きくなるのはお腹だけではなく、お尻や太もも、下腹部や胸等にも脂肪がつきやすい為、これらの部位にも妊娠線ができてしまう可能性があります。

 

妊娠線が、どこに出来るのかというと、先ほど紹介したようにお腹の下側、胸の下〜横、太ももの裏側などです。

 

どこに出来てしまったとしても、妊娠初期から自分の肌質にあっている、ちゃんとしたクリームを選んで小まめにマッサージとケアをやっていく事が大切なんですね。

 

そして、ひび割れが起きる可能性がある部位は、妊娠線予防クリームを使う等、しっかりとした保湿ケアを心がけておく事がお勧めです。

 

妊娠線というのは一度出来てしまうと、どこに出来ても完全に消える事はないと言われています。

 

ですが、ケアと予防がしっかりしていれば、温泉旅行も楽しめて、海やプールで水着を堂々と着る事が出来る肌になれるんですよ。

 

出産をする事で、元の体型に戻れば、妊娠中に比べてその線は目立たなくなっていきますが、完全に消える事はありません。

 

ですから、お腹が大きくなる前、体に多くの脂肪がつき、ひび割れが起きる前に、しっかりとしたケアを行っておく事が大切です。
このケアは、特に出産が終わるまで続ける事が重要になってきます。

 

出産間近になって、これ以上、お腹が大きくなる事はないと油断をしていたら、出産の時にひび割れが起きてしまったという人も珍しくありません。

 

ですから、妊娠が分かり、お腹が大きくなり始めたら、早めに保湿ケアを始める事、そして出産の時までケアを続ける事、さらに妊娠線が出来てしまったとしても、肌が再生しやすい状況を栄養バランスに注意した食事などで、作っておく事も大切なケア方法になると言えるでしょうね。

 

なぜなら、妊娠線が出来てしまった場合は、徐々い薄くなってはいくものの、それには肌のターンオーバーで肌細胞が生まれ変わりながら跡が目立たなくなっていくというプロセスを踏んでいく事になるからです。

体の内側からのケアも無視してはいけません!

妊娠線対策といえば、ネットで検索しても最終的に妊娠線クリームを使うのが良いという結論になってしまいます。

 

これは決して間違っておらず、理にかなった妊娠線予防方法です。

 

なので妊娠線クリームを使う事は私もお勧めします。ですが妊娠線クリームを使ってるから私はもう大丈夫!と言って完全に安心してはいけません。
中には妊娠線クリームを使ってケアをしても妊娠線ができてしまう方はおられます。
そこで重要になってくるのが内側からの妊娠線対策です。

 

なぜ内側からの妊娠線対策が重要なのかというと、お肌のケアは30%から40%が外側によるもので、内側からのケアが60%から70%だと言われています。
それだけ内側からの肌ケアが大きな影響与えるということです。

 

では内側からのケアはどうしたら良いのかというと、お肌の弾力をサポートしてくれる栄養を積極的に摂取することです。
妊娠線はお肌が乾燥し弾力が失われると一気にリスクが高まります。

 

なのでそういった仕組みを根本から予防するためにも、お肌の弾力に大きく関わってくるビタミンCやビタミンE、コラーゲン、カルシウム、亜鉛などの栄養素の補給がポイントになってきます。

妊娠線対策に良い栄養が取れる食べ物

ではこういった栄養素をどんな食べ物からとれば良いのかというと、正直あげるとなかなかキリがありません。

 

なのでざっくりとわかりやすくジャンルで言うならば、ミネラルやビタミン類はフルーツや緑黄色野菜から、
コラーゲンやその他のお肌の弾力に良い栄養は、牛肉やレバーや鶏の手羽先などからたくさん摂取することができます。

 

食事は毎日行う要素ですから、意識的に上記のような食材を取り入れることで、より効果的な妊娠線予防ができるんですね。

 

また、その一方で妊娠線予防のために良くない食材や避けたい成分は塩分と糖質です。
塩分はむくみの原因になり、そのためおしり周りや太もも、ふくらはぎといった下半身の妊娠線になりやすい原因を作ってしまいます。

 

また糖質は、肌の内側で『糖化』という劣化を引き起こしてしまうんです。
この肌細胞の糖化は『老化現象のひとつ』で大まかにいうと肌細胞が硬くなってしまう現象です。

 

そのため、肌のカルボニル化という現象につながり、柔軟性がなくなった肌の皮下組織がひび割れを起こしやすくなるんです。

 

ですので、野菜やお魚、お肉類のビタミン・ミネラル・オメガ3脂肪酸系の油脂、低塩・低糖生活を心がけることで妊娠線予防にも効果が出やすいんですね。