乾燥肌だと妊娠線が出来る?予防と対策のまとめ

妊娠すると、肌が乾燥するというのはご存じですか?

 

妊娠中の乾燥肌は、ホルモンバランスの変化によるものなのですが、原因じたいは分かっていても、あまりにも急激な変化のために戸惑ってしまう方がたくさんおられます。

 

  • 妊娠したら急に肌が粉を吹くようになった・・・
  • 肌がカサカサして身体中があちこちかゆくなり始めた・・・

 

妊娠中のホルモンバランスの変化による肌の乾燥で、こういった症状に悩まされると、軟膏を塗ってかゆみを抑えようとされる方も多いのですが、根本的な対策をしなければ、妊娠線の直接的な引き金になってしまいかねません。

 

このページでは、妊娠中の肌の乾燥対策と妊娠線予防を、妊婦さんがお腹の赤ちゃんの安全を踏まえて安心してできる方法を一緒に勉強しながら見て行きたいと思います。

妊娠中は肌が乾燥するのはなぜ?

妊娠すると肌が乾燥しやすいというのは冒頭でも一緒に見ましたが、具体的に身体の中で何が起こっているのかを詳しく見てみたいと思います。

 

というのも、この原因をしっかり踏まえておく事で、妊娠線の予防になるだけではなく、妊娠中の体重管理にも役立つからです。

妊娠中のホルモンバランスと肌の乾燥

妊娠すると、初期の頃に『ヒト絨毛性ゴナドトロピン』というホルモンが分泌されます。

 

その影響で、同時に生成されてしまう酵素の神経伝達物質のひとつで『コルチコステロイド』という物質が生成される事で、
肌のターンオーバーサイクルが乱れ、妊娠中の肌の乾燥につながってしまうんですね。

 

しかしながら、妊娠中の体重管理の面からも、水を多めに飲む事で肌の乾燥が和らぎます。

 

この部分については、後ほど妊娠中の肌の乾燥対策で一緒に見て行きたいと思います。

妊娠線と乾燥肌の関係

妊娠線と乾燥肌は、考えるまでもありませんが、密接な関係があります。

 

乾燥する事で肌の柔軟性がなくなる事はもちろんですが、粉を吹くほどにかゆくなってしまうというのが全身のありとあらゆるところで起こり、それがお腹はもちろん、お尻や太もも、バストの下側から横、ワキにかけて起こります。

 

また、背中も妊娠線が出来やすいところなので、妊娠中のホルモンバランスの変化だから仕方がない・・・とは言っていられない深刻なことなんですね。

 

また、こういったかゆみを近所のドラッグストアで購入した『かゆみ止め軟膏』でなんとかしようとされる方もおられると思いますが、これでは根本的な解決や対策になっていません。

 

確かに、かゆみは一時的に楽になるかも知れませんが、根本である肌の乾燥は対策出来ずにいるため、妊娠線が出来やすいという事には変わりがありません。

 

やはり、肌を保湿する事と水分補給が大切になりますね。

妊娠中の肌の乾燥対策

妊娠中の肌の乾燥対策は、なによりも『保湿が大切』になります。

 

また、先ほどから見て来ているように、水分補給で身体の内側からの乾燥対策も必要ですね。

 

しかしながら、妊娠中に体重管理やむくみ予防のために水分補給を控えてしまう方がおられます。

 

ですが、本当は妊娠中は塩分や糖質、脂質を摂ることを抑えて、野菜中心で薄味な食生活を送る事が体重管理のコツです。

 

それと同時に、水分を積極的に摂ることで、妊娠中の便秘や、むくみ、冷え性の予防にも役立ちます。

 

さらに、妊娠中の体重管理のそもそもの目的である、妊娠糖尿病や妊娠中高血圧症候群、むくみ予防にも塩分や糖質、脂質の抑制と水分補給が役立つんですよ。

 

つわりや食べつわり、それが終わった後の食欲旺盛になる変化なども可能な限り抑えて、レモン汁やお酢などを使って味にメリハリを持たせる事で、塩分や糖質を抑えたり、お肉は脂身が少ない鶏ささみ肉などを使うこと。

 

そして、味付けを薄味にして水分補給に務めることで妊娠中の体重管理はもちろん、妊娠線予防にも役立って、赤ちゃんには必要な栄養がちゃんと渡してあげられる事になるんですね。

乾燥肌の妊娠線予防

妊娠中に乾燥肌になってしまう原因や仕組みがかなり分かって来ましたね。

 

ホルモンバランスの変化や妊娠中の体重管理のために塩分や糖質、脂質を抑えること、水分補給を多めに心がけることで、身体の内側からの乾燥対策や便秘予防、むくみ予防にもなることが分かりました。

 

今度は、外側からの『乾燥肌の妊娠線予防のための肌の保湿』を一緒に見て行きましょう。

乾燥肌の妊娠線予防はいつから?

乾燥肌になりやすい妊娠中のホルモンバランスのそもそもの原因が妊娠初期の変化によるものという事が分かりました。

 

妊娠初期から変化するホルモンバランスによって肌が乾燥するのですから、当然ながら妊娠線予防のための保湿は、お腹が大きくなり始める安定期から始めたのでは遅すぎます。

 

やはり、妊娠初期の1ヵ月に1回の妊婦健診が行われる頃から、積極的な肌の保湿を始めるのがベストですね。

具体的にどんな保湿が良いの?

乾燥の妊娠線予防のための肌の保湿は、肌の内部保湿と肌表面に油膜を作る表面保湿の2つが同時並行が大切になります。

 

というのも、妊娠線は肌の内側の脂肪層や角質層がひび割れを起こして発生する内出血だからです。

 

つまり、肌の表面だけをオイルで保湿したところで、乾燥肌の場合は不充分と言わざるを得ないんですよ。

 

妊娠中の安定期から、赤ちゃんの成長に合わせてお腹が急激に大きくなりますよね。

 

その、時期にはすでに『うるおいがたっぷりある乾燥していない肌』を作っておく事が、乾燥肌の妊娠線予防の保湿に必要なことなんですね。

時期と保湿の仕方以外の注意点は?

妊娠線はお腹以外にも出来てしまうというのはご存じですか?

 

  • バストの下〜横
  • ワキ〜背中
  • お尻〜太もも
  • 肩〜腕

 

お腹に隣接している肌はもちろんですが、人によっては肩や腕に出来てしまう方や脚のふくらはぎにも出来てしまう方もおられます。

 

肩や腕、脚のふくらはぎはお腹からは距離あるにも関わらず、妊娠線が出来てしまうのは、妊娠中の塩分や糖質、脂質過多によるむくみが原因と言われています。

 

やはり、妊娠中の体重管理をしっかり行う事も妊娠線予防になるんですね。

 

もちろん、お腹以外の場所にも出来てしまう妊娠線予防のために旦那さんにも手伝ってもらって、肌を温めながらマッサージも兼ねて保湿をしっかり行いましょう。