太ももに出来る妊娠線の予防法は?

妊娠線 太もも

妊娠線といえば、お腹に出来るものというイメージを持つ人は多いでしょう。

 

ですが、お腹以外にも、下腹部や乳房、太ももやおしりにも出来る事があります。

 

妊娠線を予防したいと考えた場合、肌の保湿を意識しておく事が有効です。

 

妊娠線は、主に急激に成長する体に皮膚が耐えられなくなった時に出来るものですが、その他にも妊娠中に太ってしまったり、肌のターンオーバーを抑制するコルチコステロイドというホルモンが過剰に分泌される場合もあるなど、様々な要因が重なって出来てしまいます。

 

皮膚が乾燥していればしているだけ、急激に成長する体に耐え切れず、ひび割れを起こしやすくなるのですが、肌の表面的な保湿だけではなく、肌の真皮まで届いて皮下組織の柔らかさも保ってあげられるような対策が必要です。

 

お腹だけのケアに偏ってしまうと太ももやおしりにも妊娠線が・・・

 

この際に、お腹だけを重点的にケアをする人もいますが、お腹以外にも、太もも等のひび割れが起きやすい場所もしっかりとケアをしておく事がおすすめです。

 

妊娠中だけ目立つものであるならば良いですが、一度割れてしまった皮膚というのは、出産をし、体型が戻った後も、その跡が残ってしまう事になります。

 

妊娠中に比べてその跡は目立たないものへと変わっていきますが、跡が出来ないようにするには、まずひび割れを起こさない事が重要になってきます。

 

ですから、妊娠が分かったら、お腹だけでなく、太ももやお尻など、妊娠線が出やすい部位のケアも大切です。

 

ですが、自分から見える範囲はお腹が大きくなっているために限られてしまうので、旦那さんにも手伝ってもらってケアを小まめに、そして効果的に行う事が大切なんです。

 

特に太ももの裏側は、妊娠後期になると見えづらくなってしまいますし、下腹部も見えません。

 

そこで旦那さんにも手伝ってもらって、妊娠線予防クリームを使ったマッサージなどのケアを進めていく事が大切なんです。

 

妊娠後期は、お腹の中で赤ちゃんが動いたりする事も、よくある事なので、実はあなたの肌を通した赤ちゃんとのスキンシップにもつながるんですよ。

 

これは、産後に子育てを積極的に手伝ってくれる旦那さんの協力が得られやすくなるという心の面での効果も期待出来ます。

 

効果的な妊娠線予防クリームを使う事も大切ですが、是非、旦那さんの協力もスキンシップとして妊娠線の予防ケアの成果を産後に受け取って下さいね。