出来てしまった妊娠線を半年で薄くするには

妊婦さん画像

妊娠中頃の安定期から後期にかけて、赤ちゃんの成長に合わせるように急激にお腹周りのサイズが大きくなる事で出来る妊娠線の肉割れ。

 

妊娠線予防をしっかり行っていたつもりなのに出来てしまったりすると本当にがっかりしてしまいますよね。

 

出来た当初は、肌の内側の内出血でヒリヒリと痛痒かったり、赤紫色の線でとても目立ってしまいます。

 

こういった状態にある妊娠線の事を『新妊娠線』と言います。

 

このページでは、こういった状態にある妊娠線を半年で出来る限り薄くするためのケアの方法やおすすめのクリームをご紹介します。

 

出来てしまった、妊娠線は一度出来てしまうと完全には消えないと言われていますが、この新妊娠線の段階で行うケアによって
半年も経てばほとんど周りからは見えないくらいに薄くする事も出来ると言われているのですが、
これは肌に出来てしまった擦り傷や切り傷などの場合と同じで、早くケアを始めれば始めるほど治りが早くなるのは当然です。

 

もちろん肌質によっても、ケアを変える必要がありますので、その点も含めて半年で妊娠線を出来る限り薄くする方法をご紹介して行きますので。最後まで読んでみて下さいね♪

 

出来てしまった妊娠線ケアのおすすめクリーム

出来てしまった妊娠線のケアには、保湿力の高さはもちろん、肌の再生力を高めるための代謝を良くする成分が配合された専用の妊娠線クリームがおすすめです。

 

というのも、妊娠線が出来たばかりの段階では、肌の表面ではなく、内側のコラーゲンやエラスチンで構成されている角質層をケア出来る成分が必要になるからです。

 

そこで、おすすめの妊娠線ケアのクリームがノコア妊娠線クリームなんです。

 

ノコア妊娠線クリームは、正式な名前は『ノコア・アフターボディ・トリートメントクリーム』というのですが名前が長いので省略させて頂きます。

 

ノコアの特徴は、

 

  • EGF・FGF成分配合で肌の再生を促す
  • 高浸透型ビタミンCで妊娠線の傷跡の黒ずみ予防
  • シアバターやアルガンオイルなどの美容オーガニック成分配合
  • 香りがネロリ(ビターオレンジ)で使い心地も良い

 

といった特徴があります。

 

ノコア妊娠線クリーム画像

妊娠線を消すクリームとしてネットでも多数の口コミで、20年も経ってしまった古い妊娠線が薄くなった!
という口コミもあるほどで、妊娠線が出来てしまった方々から支持されている妊娠線ケアのクリームです。

 

パッケージのデザインもちょっとカッコいい感じがしませんか?笑

 

パッケージのデザインはともかく、妊娠線を半年で薄くするには、気分よくストレスを感じずに毎日使うことが出来るというのも大切な要素です。

 

また、先ほどの特徴でもありましたが、アルガンオイルやシアバターなど保湿力に優れるオイル系成分もしっかりおさえられているところもおすすめの理由です。

 

▽妊娠線ケア専用クリーム【ノコアボディクリーム】公式サイト▽

ノコア妊娠線クリーム公式サイトボタン

 

インターネットでもえ!こんなになるの?絶対にイヤだ!と思う妊娠線の肉割れの画像が投稿されていたりします。

 

ネットで画像投稿されるほどの酷い肉割れの跡が残ってしまうのは、稀有な例ではありますが、例え薄い跡でも出来ないように予防策を講じるのが理想ではあります。

 

ですが、そうはいっても妊娠線が出来てしまう方はおられます。ある程度丁寧なケアをしていても出来てしまう方もおられるので仕方のない事ではあるのですが、問題は出来てしまった肉割れの跡を目立たなくなるくらいに薄くする方法です。

 

仮に深い肉割れ跡が残ってしまったとしても、産後で半年程度経過すれば、肉割れに薄皮が張ったような感じでツヤが残りながらも白く薄くなって行くのは放置していてもそうなっていくのですが、もっとはっきりとした妊娠線のアフターケアで、傍目から見て半年程度で、妊娠線とは分からないほどに薄くする方法があったら嬉しいですよね。

 

もちろん出来てしまった妊娠線が完全に消えてなくなる事はないのですが、半年の時間があれば限りなく薄くする方法はあるんですよ。

 

それは、産後も肌の回復が早くなるように妊娠線クリームを使ってマッサージを根気よく続ける事なんです。

 

妊娠線のアフターケアのページでもお話しましたが、肌の回復力はターンオーバーとイコールなので、ターンオーバーの正常化と促進が出来れば、確実に肉割れの跡はどんどん薄くなっていきます。

 

それと可能な範囲で身体を動かす適度な運動を採り入れる事も大切です。運動の強度は息が乱れない程度で軽く汗ばむウォーキングで充分なので、クリームを使ったマッサージなどのケアと代謝を良くするための運動を並行して行ってくださいね。