下腹部の妊娠線ケア忘れていませんか?

妊娠線 下腹部

妊娠した時に初めて知ることはたくさんあります。妊娠線もその中の一つと言えるでしょう。

 

普段の生活ではあまりかかわることがないですが、いざ妊娠するとまわりからたくさんの情報が入ってきます。

 

妊娠線を予防するということはいまや妊娠生活にかかせないものとなっています。

 

妊娠線を予防するためには保湿をすることが一番です。

 

皮膚の乾燥により亀裂が入ってしまいますので常にクリームをぬっておくと予防することができます。

 

おなかが大きくなってきますと動くことがおっくうにもなってきますが、一気にお腹が大きくなる臨月にできてしまうことが多いです。

 

特に下腹部はお腹が大き気なってきますと見えなくなりますので、妊娠線ができてしまっていても気づかないということもあります。
見えないからこそ念入りにクリームやオイルを塗って保湿をしましょう。

 

下腹部を見るためには全身鏡を使うと良く見えますので妊娠線のチェックやクリームを塗ったりするときには使用すると良いでしょう。

 

クリームを塗るだけでも良いですが、期間限定のおなかの中の赤ちゃんとのスキンシップを楽しむという風に考えると、毎日塗り忘れることもないかもしれません。

 

旦那さんに塗ってもらうのもひとつの方法ですね。