妊娠線を改善する妊娠線クリームのお勧めは?

妊娠線改善フラクセルレーザー

近年は、美容皮膚科でも妊娠線を改善するためのレーザー治療などを提供しているところが増えています。

 

しかしながら、フラクセルレーザーやサーマクールと呼ばれているこれら治療にはしっかり治す事が出来る反面、デメリットもあります。

 

  • カウンセリングや術後のケアも必要
  • 上記の時間も合わせるとある程度の期間通う必要がある
  • 値段が高い(ショット数×価格)

 

といった点が主なデメリットになります。

 

これらを考えると、できれば自宅で手軽にできる方法で改善したいものです。

 

こうした方にお勧めなのが、妊娠線(肉割れ)の専用ケアクリームです。

 

というのは、妊娠線が出来てしまった肌の新陳代謝を活発にして皮膚を柔軟化する事で、わたし達人間が本来持っている自然治癒力を活かして妊娠線を改善していく事が出来ると言われているからです。

 

こういった特徴を持っている妊娠線のケアクリームは数多く販売されていますが、皮膚の新陳代謝を活発にしてあげる成分が含まれているものを選びましょう。

 

皮膚の再生力を活性化させるには、次のような成分や栄養素が入っている妊娠線ケアクリームを選ぶと良いでしょう。

 

  • シラノール誘導体
  • 葉酸・ビタミンB群
  • 高浸透ビタミンC誘導体

 

また、もともと乾燥肌で妊娠線が出来やすいと感じておられる方はオイルではなく、肌に浸透するタイプの保湿成分が大切になってきます。

 

というのも、妊娠線が出来てしまった跡は肌もたるみが出てしまっているので、肌に引締め効果が期待出来る保湿成分が大切になってくるからです。

 

肌が充分にうるおいを保っていれば、皮脂の過剰分泌などの妊娠線を改善させにくくしてしまう肌トラブルも抑える事が出来るからです。

 

妊娠線の肉割れを改善する成分とは

出来てしまった妊娠線は、出来た当初は内出血の赤紫色の線になります。

 

この状態を『新妊娠線』と言いますが、時間の経過につれて色はなくなり、
そのかわりに白銀色になり凸凹が目立つ『旧妊娠線』と呼ばれる妊娠線になります。

 

肌に出来てしまった、擦り傷や切り傷を考えると分かりやすいのですが、手当を早く始めれば治りも早くなりますよね。

 

妊娠線の改善もこれとまったく同じ事が言えます。

 

これには、皮膚の新陳代謝を活発にする事が大切なのは冒頭でもご紹介した通りです。

 

こうした力に優れていると言われるのが、シラノール誘導体で、ケイ素とも呼ばれるのですが、肌や骨の繊維組織(コラーゲン)の再構築を促してくれる成分です。

 

妊娠線の改善について海外でとても評価の高い成分でもあります。

 

日本唯一のシラノール誘導体配合!ベルタマザークリーム