妊娠線ができる確率を下げる方法を教えて!

妊婦さんイラスト

妊娠線・肉割れが出来てしまう確率は、初産の女性では意外と低く、一部の産婦人科では20%程度の確率と説明しているところもあります。

 

ただし、経産婦(2人目以降)は80%が出来ているとの事です。これは2人目以降の妊娠では子宮が伸びやすく大きくお腹が突き出てしまう事が多いからです。

 

しかし、そんな経産婦でも、逆に言えば20%の確率で“妊娠線が出来ていない”と言えるわけです。つまち5人に一人は妊娠線が出来ていないわけです。

 

しかしながら5人中4人は妊娠線が出来てしまっているわけです。

 

確かに、妊娠線は元気な赤ちゃんを産んだ証拠というべきものですが、元気な赤ちゃんを産んでもキレイなママでいる方が良いに決まっています。

 

そこで、このページでは、妊娠線が出来てしまう確率を少しでも下げるための方法として、妊娠線予防に成功する確率を高めるための予防を始めるタイミング、おすすめのアイテムについて一緒に見て行きましょう

 

妊娠線予防の成功確率を上げる方法

妊娠線予防の成功確率を上げるためのポイントとなる要素を整理してみましょう。

 

  • できる限り早めに妊娠線予防を始める
  • 肌の柔軟化と保湿を心がける
  • 自分の肌と赤ちゃんに安心な予防クリームを選ぶ
  • 旦那様の協力を得る

 

大きく分けてこの4つが妊娠線予防の成功確率を上げるためのポイントになります。

 

そして、敢えて付け加えるなら、妊娠線予防クリームを節約しようとせずに『たっぷり使う』事が挙げられます。

 

妊娠線予防クリームを使うタイミングは、お風呂上りが良いでしょう。

 

というのも、お風呂上りで身体が温まって毛穴が開いているタイミングで塗る時に多めに塗ってあげると効果が一層高くなるからです。

 

妊娠線・肉割れは体質によって確率も変わると言われており、絶対に作らない予防法が確立されていませんが、少しでも肌がひび割れしまうリスクが低い方が良いに決まってますよね。

 

そうなんです。妊娠線が出る確率を下げることは可能なんですよ。

 

妊娠線が出来てしまう確率が上がってしまう要因は、赤ちゃんの急激な成長もそうですが、4か月目を過ぎて食欲が増して来て太りやすくなる事も考慮しておく必要があります。

 

5ヶ月目に入るころには完全に赤ちゃんの成長期でもあり、食欲も上がります。
さらに味覚の変化で、脂っこいものや甘いものが欲しくて“口寂しい”感覚に襲われてついつい食べ過ぎてしまうという事も起こります。

 

赤ちゃんに与える栄養として必要なものだけを食事から純粋に摂取する事は難しいですし、食生活まで完璧にコントロールしようとして却ってストレスが溜まってしまっては本末転倒です。

 

当然ですが、あまりにダイエットを意識しても赤ちゃんに精神的な部分が影響してはいけませんし、マタニティライフをちゃんと楽しいものにしないとマタニティブルーなどの病気になっては、幸せなはずの時間がツラいものになってしまいます。

 

なので、あくまでも余裕の部分で健康的なマタニティライフを送るためのダイエットを考えるようにして下さいね。