妊娠線の痒みを改善する方法を知ろう!

妊娠線 痒み

妊娠後期になるとお腹も大きくなり妊娠線も出来やすくなります。

 

実際に妊娠線が出来てしまうと、ひっかき傷や切り傷が治りかけの時にかゆくなるような感覚で、かゆみが酷くて掻きたくなるのは仕方のない事でもあります。

 

しかしながら、妊娠線が出来た下腹部や腰回り、太ももや脚の付け根などを掻いてしまうと、妊娠線が酷くなってしまうというのはご存じの通りです。

 

そこでこのページでは、妊娠線が出来てしまった方にかゆみのケアと妊娠線を悪化させない方法を次の項目に分けて分かりやすくご紹介します。

 

  • 妊娠線のかゆみを鎮めるケア
  • 掻いてしまっても妊娠線を悪化させないコツ
  • 寝ている間に無意識に掻いてしまう場合の対策

 

妊娠線のかゆみを鎮めるケア

妊娠線の痒みを改善する方法

妊娠線のかゆみを鎮めるケアは、肌の保湿がいちばん大切です。

 

妊娠線による痒みは、本当に嫌なものです。ついつい掻きたくなってしまいますが、我慢されている方も多いですよね。

 

そういった時に、まずは保湿を最優先にして下さい。

 

ここで大切になってくる保湿は肌の内部(角質層の奥まで)浸透する保湿です。

 

顔のスキンケアを考えると分かりやすいと思いますが、保湿にも2種類あります。

 

  • 化粧水のように浸透する保湿
  • 美容液や乳液など表皮に油膜を作る保護保湿

 

妊娠線は表皮ではなく、肌の奥のひび割れによる内出血ですので、そのひび割れを起こしている層がかゆくなってしまうんですよ。

 

ですので、妊娠線のかゆみを解消するための保湿は肌の奥まで浸透する化粧水のような保湿なんですね。

 

また、妊娠線が出来てしまった時点で保湿ケアを諦めてしまう方もおられますが、保湿を続ける事で皮膚の内部を柔らかく保てば、産後に妊娠線が白銀色に光って凹凸に跡が残ってしまう旧妊娠線にもなりにくく、治りも早くきれいに治りやすくなります。

 

浸透する海洋成分『超保湿クリームPRIMO(プリモ)』の詳細

 

妊娠線の痒みを改善する方法

肌の保湿を行う際には、妊娠線専用のクリームを使うと悩みを解消しやすくなります。

 

オイルやクリームを使うことで、お肌の奥まで栄養成分を与えられるようになり、かゆみが緩和されやすくなります。

 

また、浸透力の高い専用の妊娠線予防クリームには、肌のコラーゲンを再生を促す成分も入っているため、妊娠線の悪化予防や治りを早める効果が期待出来るんですね。

 

掻いてしまっても妊娠線を悪化させないコツ

浸透力の高い専用の妊娠線予防クリームを塗っても、すぐにその効果が感じられないという方もおられるはずです。

 

肌質や体質によってクリームの浸透力にも差が出てきてしまいますし、細かい事をいってしまえば感じ方にも個人差がありますので、仕方のない事です。

 

そこで、妊娠線が出来てかゆみがある状態で掻いてしまっても妊娠線を悪化させないコツをご紹介します。

 

そのコツとは、爪を立てないように指の腹を使って力を入れず掻くことです。

 

爪を立てて表皮をひっかくように掻きむしってしまうと、先ほども軽く触れましたが表皮湿疹など別の肌トラブルになってしまう恐れがあります。

 

また、妊娠線の状態次第では、コラーゲン繊維組織の修復力が期待出来ると評判の妊娠線予防クリームを使うと良いでしょう。

 

妊娠線の状態ってどういう事?

妊娠線の状態次第と言いましたが、具体的には妊娠線の線の長さや範囲の広さによります。

 

これが、とても大きく、腰回りやバスト、脚などにも広がってしまっているようなら、それ以上妊娠線の肉割れを広げさせないためにも、かゆみを解消するためにも有効であると言われています。

 

海外では、こういった妊娠線の研究も盛んに進められていて、肌内部のコラーゲン組織再生の働きが期待出来ると認められている成分があります。

 

それが、シラノール誘導体という成分で、別名を『ヒドロキシプロリシランCN』とも呼ばれる肌代謝とコラーゲン生成に関わる栄養素でケイ素の一種です。

 

シラノール誘導体配合のベルタマザークリーム詳細ページ

 

皮膚内部のコラーゲン組織の修復作用が期待出来る妊娠線予防クリームは、効果の高さが一段上と評判なんですよ。

 

寝ている間に無意識に掻いてしまう妊娠線のかゆみ対策

寝ている間に無意識に掻いてしまうのは仕方のない事とは言えます。

 

起きている間は、妊娠線を悪化させないために掻かないように意識していても、寝ている間の無意識の動きはコントロールのしようがありません。

 

そこで、無意識にひっかいてしまっても肌が傷付かないようにするには『さらし』を巻くことがおすすめです。

 

かゆみを感じている肌を直接指先で触れてしまわないようにさらしでカバーしてあげるだけでも、妊娠線を悪化させないように保護する事が出来ます。

 

また、浸透力と保湿力の高いクリームの成分が外に逃げてしまわないようにする効果も期待出来ますよ。