妊娠線予防の考え方|むかしはどうだったの

温泉旅行

妊娠線予防は、出来るものなら少しでも確率をあげて確実に成功させたいですよね。

 

産後に子供を連れて温泉旅行に行く時や子供が少し大きくなって来て、海やプールに連れて行って!なんてねだられる事は当然です。

 

わたしのお腹には妊娠線の白い跡の線がびっしり・・・でも周りのママさんやベテランのおばさんも妊娠線が出来ている人が一人もいない・・・

 

そんな場面を想像するだけでも怖くなってしまいます。

 

ところで、妊娠線予防に効果的と言われる妊娠線予防クリームや葉酸サプリなどがなかったむかしはどういった考え方で妊娠線予防をとらえていたのでしょうか。

 

むかしの方(ベテランのおばさまがたやおばあちゃんですね。)は、妊娠線が出来るのは体質だから仕方がないと考えておられたんだそうです。

 

わたしは、すでに30過ぎ(汗)ですけど、特に今の若いママさんは平成生まれの方が多くて、そういった方々のお母さんの世代は90年代に今の若いママさんたちを出産されているわけです。

 

でも、妊娠線予防の専用クリームなんてもちろんありませんでしたし、サプリメントだってあったとしてもビタミンサプリくらいでしたでしょう。

 

そういった環境だったために、むかしは妊娠線予防なんて成功するかどうか分からない物にお金をかけるのは母親としてどうかという考えが普通だったんですね。