水着を着たい!妊娠線を隠す方法はないの?

妊娠線は一度出来てしまうとなかなか消すことは出来ないものです。

 

夏場など、家族で海などに出かける機会があると、水着を着たいけれど、妊娠線が気になると感じてしまう人も多いようです。

 

妊娠線にはいくつかのタイプがあります。
出来てから時間が経過しており白く線だけが残っているように見える場合、
出来てからそれほど時間が経過しておらず赤くギザギザのように残っているタイプ、
凹凸が見られるタイプなどがあります。

 

凹凸がなく、白い線のみが残っているような場合には、ファンデーションやコンシーラーなどを使用することで隠す事が出来ます。
この時使用するファンデーションやコンシーラーについては、普段のメイクに使用するもので構いませんが、
範囲が広い場合には、ボディーファンデーションがおすすめです。

 

クリームタイプやスプレータイプがありますが、塗るタイプであれば、肌を滑らかに見せてくれるという効果も期待することが出来ます。

 

UVカット効果のある製品を使用することで、日焼け止め効果も期待することが出来ます。
皮膚に凹凸がないけれど、赤黒い線が残って見えるという場合、ファンデーションだけでは隠すことが出来ない場合もあります。
そのような場合には、傷跡やタトゥーなどを隠すために開発されたテープを使用するようにしましょう。

 

テープとは言えども、水に強いという特徴がありますので、海や温泉などにテープを貼ったまま入ることが出来ます。

 

また、通気性にも優れていますので、数日間貼った状態でも、肌が蒸れるということはありません。
いくつかの色がありますので、肌の色に応じて選ぶことが出来ますし、使い方も貼るだけと簡単であるというメリットがあります。

 

皮膚に凹凸が見られるという場合には、ファンデーションやテープで隠すことは難しいものです。
そのような場合には、日焼け止めクリームやボディークリームなどおw使用し、肌にツヤを出すようにしましょう。

 

ラメ入りの製品を使用することで、凹凸を目立たなくさせることは可能です。
妊娠線は肌のターンオーバーを正常にさせることにより、目立たなくさせることは可能です。

 

そのためにも、規則正しい生活や栄養バランスを考慮した食事を心掛けるようにしましょう。
また、オイルやクリームを使用し、マッサージを行うことにより、肌の状態を整えることが出来ます。諦めずにケアを続けることで、妊娠線を薄く目立たない状態にすることは十分可能です。