妊娠線はニベアで薄くなる?妊娠線のケアとニベア

妊娠線ができてしまったという妊婦さんはほとんどの方があきらめてしまうようです。

 

しかしながら、私たち人間の肌は『ターンオーバー』という肌の修復機能が備わっているため
ちゃんとケアをすれば、出来てしまった妊娠線といえども、薄くすることは可能なんですよ。

 

出来てしまった妊娠線のケアは肌の保湿が一番大切といわれています。

 

肌の保湿といえばニベアを思い浮かべる方も多いと思います。

 

そこで、このページでは『出来てしまった妊娠線はニベアで薄くなるのか』という点について一緒に見ていきたいと思います。

妊娠線はニベアで薄くならないの?

ニベアの保湿力は妊娠線にどうなの?

まず、ニベアの保湿力はとても高いものがあります。

 

これは、ニベアに含まれる油分の働きで、肌内部の水分の蒸発を防ぐ油膜を肌の表面に作ることができるからです。

 

その一方で、出来てしまった妊娠線は、肌内部の組織がひび割れてしまって、内出血を起こしている状態です。
できたばかりの妊娠線は、この内出血の赤紫の色が線として肌に浮かび上がっている状態です。

 

肌表面がひび割れているのではなく、肉割れを起こしているのは、肌内部の組織なんですね。

 

肌内部の組織の修復を促すのが出来てしまった妊娠線を薄くするために有効な方法なのですが
ニベアは、油分で幕を張るオイルクリームだけに、肌表面から内部にまで浸透する力がないんですよ。

 

つまり、理屈の話でいうと、ニベアには肌の内部で起こっている妊娠線のひび割れを修復する力はないということになります。

 

また、妊娠線のひび割れの内出血が残っているタイミングでもある産後すぐの授乳中は
ママとのスキンシップや甘えを求めて赤ちゃんがママのおっぱいだけではなくいろいろなところに口づけをしようとします。

 

当然ですが、ママのお腹や顔などいろいろなところです。

 

そのため、強力な保湿膜を作る合成ポリマーや油分の伸びをよくするために配合されているアルコールなど
赤ちゃんの口に入ってしまうのは決して良くない成分が入ってしまうことも考えられるんですよ。

 

そのため、妊娠線の内出血の色が目立つ線を薄くするためにニベアを使うというのはおすすめできません。