妊娠線予防オイルのコスパと落とし穴

妊娠線予防オイルのコスパは、伸びの良さからとても注目度が高くなっています。

 

しかしながら、ちょっと注意してほしい点があるんです。

 

このページでは、妊娠線予防のオイルのコスパの良さとそれをメリットにするための使い方について一緒に見ていきたいと思います。

妊娠線予防オイルのコスパ

妊娠線予防オイルは、オイルというだけあって、液状になっているため
スーッと肌に伸びるなじみの良さが特徴です。

 

少量でも伸びるため、肌馴染みの良さと相まって、ベタつき感のなさも人気になっています。

 

当然ですが、とてもコスパが良く感じるでしょう。

 

また、アロマオイルの精油の香りの良さも人気の理由と言えるかもしれません。

 

しかしながら、オイル状で伸びが良いからと言って、極度に薄く伸ばして塗るというのは、あまりおすすめできません。

 

その理由は、せっかくの保湿効果が半減してしまうためです。

 

妊娠線予防でコスパと使用感、香りの良さなど総合的に判断してオイルを選ぶ方も増えているのですが
妊娠線予防オイルの使い方を間違っている方が多いため、妊娠線予防の成功確率が低くなってしまっているんですよ。

 

それと、もう一つの妊娠線予防オイルの使い方のポイントとしては、
お風呂上りの身体が温まって毛穴が開いているタイミングで手早く塗ることです。

 

基本的にオイルは、水溶性ではないため、肌表面のなじみは良くても浸透力は今一つです。

 

それでも、オイルの保湿力が高いと言われるのは、肌表面に油膜を張ることができるからです。

 

しかしながら、肌表面に油膜を張っただけでは、妊娠線予防のための保湿としては不足です。
なぜなら、妊娠線は、肌表面のひび割れではなく、肌の角質層の奥で起こるひび割れだからです。

 

そのため、肌の中にオイルの成分を入れ込んでやることが大切なのですが、
もともとオイルは水溶性ではないために、肌が温まって毛穴が開いているタイミングでないと浸透していかないんですよ。

 

ちょっと説明が長くなってしまったので、ここで妊娠線予防オイルの使い方のポイントをまとめておきます。

 

  • 伸びるからと言ってケチな使い方をしない
  • お風呂上りなど肌の毛穴が開いているタイミングで手早く塗る

 

この2つのポイントが妊娠線予防のオイルの使い方で注意したいところです。

 

せっかく妊娠線予防をしっかり行うためにオイルを買うのですから、成功させるコツをしっかり実践してくださいね。