お腹とおしりの肉割れケアは両方大切

おしり 肉割れ

妊娠線といえば、大きくなっていくお腹に出来るものというイメージを持つ人は多いのではないしょうか。

 

ですが、妊娠中というのは、体にも脂肪がつきやすく、それにより、お腹以外の部位にも、妊娠線が出来てしまう事が少なくありません。

 

というのも、妊娠中に分泌される女性ホルモンのプロゲステロンによって作られるコルチコステロイドという物質の働きによるもので、真皮の水分を奪ってしまうので脂肪が溜まりやすい条件になってしまうからなんです。

 

そんな妊娠中に妊娠線や肉割れが出来やすい部位が、胸と太もも、さらに意外とケアを忘れてしまいやすいおしりです。

 

出来てしまった妊娠線も消せる?評判のノコアボディクリーム

おしり 肉割れ

 

しかも、お腹以外の場所に出来る肉割れはダイエットで急激に減量した時でも表皮がたるむ事によって出来てしまうので、実は妊娠中だけではない悩みのひとつなんですよ。

 

妊娠中の場合は、妊娠が分かり、妊娠線に悩まされたくないと考えて、
まずお腹に対する保湿ケアをしっかりとしなければと、お腹に対して予防クリームをしっかりと塗っていく人は少なくありません。

 

それにより、お腹にひび割れが出来る事を予防出来るという人も多くいます。

 

しかしながら、お腹だけのケアをしていた場合、お腹のひび割れは防げても、お腹以外の場所にひび割れが出来ていたという事は珍しい事ではないんですよ。

 

このページでは、そんなお腹以外の場所に出来やすい肉割れのケアにおすすめのクリームの塗り方やケアの注意点などをご紹介します。

 

妊娠中のお腹以外の肉割れのケアについて

産後に妊娠前と同じような、妊娠線のない綺麗な体でいたいと考えるのであれば、お腹以外、おしりや太もも、胸に対するケアも重要となってきます。
それにより、出産後も、綺麗な肌を維持する事が出来ます。

 

キレイな肌を出産後も維持出来ていれば、産後に温泉旅行に行ったり、海やプールで新しい水着を着る事も抵抗なく楽しく過ごせます。

 

妊娠中の肉割れ予防には体重管理も大切

更に、予防クリームを使うと同時に気をつけておきたいのが、体重の増加です。

 

クリームを塗っているから大丈夫と考えていると、お腹の赤ちゃんの成長期とともに妊婦なら誰もがなる急激な体重増加に対して表皮が耐えられずにひび割れを起こしてしまいます。

 

体重の急激な増加もひび割れに繋がる原因となるので、一気に増えないように注意をする事が大切です。

 

妊娠中のダイエットに抵抗を感じる方もおられるかも知れませんが、ちゃんとした栄養補給を行う事が出来ていれば、体重管理という意味では良い事なんですよ。

 

特に妊娠中期の赤ちゃんが大きくなるために必要な栄養素が不足していると、生まれて来る時に体重が少なく生まれて来たり、卒乳のタイミングでの発育障害などの心配も出て来る場合もあります。

 

そんな事にならないようにするには、体重増加を防ぐために余計なカロリーは抑えて、栄養素はしっかり摂れるようにする事が大切です。

 

そんな、デリケートな妊娠中の体重管理と赤ちゃんの成長を助けてくれる栄養素に葉酸があります。

 

葉酸は、妊娠初期に赤ちゃんの奇形を防ぐためにも必要な栄養素ですが、成長段階の赤ちゃんにとっても大切な栄養素です。

 

産後に肉割れのないキレイな身体作りのための体重管理と赤ちゃんのための栄養摂取を両立出来るおすすめの方法が葉酸サプリなどを利用する事なんです。

 

添加物ゼロ、国内生産で安心の葉酸サプリ【ベルタ葉酸サプリ】

妊娠・妊娠中

肉割れ予防のクリームの塗り方

妊娠中の肉割れもお腹の下の部分やおしり、太ももの内側の後ろ側などは、クリームを塗る時にも手が届きにくかったり、ちゃんと塗る事が出来ているかどうかが目で確認出来なかったりという部分です。

 

例えば下腹部などは、鏡を見ながら自分で塗る事が出来なくはありませんが、そういう場所のクリームを使ったマッサージは旦那様に手を借りてしまいましょう。

 

妊娠線・肉割れ予防クリーム人気No1【ベルタマザークリーム】

ベルタ妊娠線クリーム

 

肉割れの予防マッサージは、妊娠中は毎日の事ですから、旦那様が仕事で疲れ果てて帰って来たばかりであるとか、よほど疲れ切っている時でなければ、頼んでしまった方が良いですね。

 

というのも、お腹以外の場所が塗りにくいからという理由もあるのですが、それだけではなくお腹も含めて一緒にマッサージをしてもらう事で、あなたの肌を通して間接的ではありますが、赤ちゃんとのスキンシップをする事も出来るんですよ♪

 

これは、妊娠中のケアの手間のためというよりも、スキンシップ目的の方が精神的な効果が大きいんです。

 

旦那様は仕事を終えて帰って来た時に、心が落ち着くあなたとのスキンシップになりますし、赤ちゃんとの間接的なスキンシップの間に、あなたから『あなたがいてくれて本当に嬉しいし毎日頼りにしているのよ』なんていう言葉をもらいながら、『しかもあなたにマッサージしてもらうとこの子も気持ちいいって言ってるよ♪』と言われると喜んでやってくれるはずです。

 

そして、この効果は、妊娠中のスキンシップだけではなく、産後の授乳期に赤ちゃんのおしめ替えとか抱っことかお風呂に入れるとか、そういった事も旦那様が自主的に進んでやってくれるようになるという効果が期待出来るんです。

 

旦那様に限った話ではないかも知れませんが、気持ちよく『ありがとう』をもらいながら頑張るのは旦那様にとっては苦痛にはならないはずですし、むしろ幸せな時間をあなたと共有する事が出来て満足感も得られるはずです。笑

 

産後の授乳期に、赤ちゃんが夜泣きをしたり、2時間おきに母乳をあげなければいけなかったり、生まれたばかりの子供のお世話は意外と大変です。

 

そんな時期に旦那様と協力して、大変な時期を乗り越える事が夫婦の絆をより一層強くする事にもつながるかも知れません。

 

是非、妊娠中のケアのうちから旦那様との『協力体制』を築き上げるための下地作りを行ってみて下さいね♪