おすすめの妊娠線予防クリームの選び方と見るべきポイント

妊娠線予防クリーム おすすめ

このページでは、妊娠線予防クリームのおすすめをタイプ別に分けて一緒に見て行きたいと思います。

 

妊娠線予防クリームは、安定期に入る頃から産後のお肌の引き締めや保湿ケア、
赤ちゃんの肌を乾燥から守るボディクリームとしても使えるため、用途が広く、かなり長い期間使い続けます。

 

そこで、大切になってくるのは

 

  • 保湿力や肌を保護する成分、効果が高いもの
  • 伸びや塗った後の感触など使い心地や香りが良いもの
  • コスパが良く、安心してたっぷり使えるもの
  • オーガニックな原料で安全性が高いもの

 

おすすめと言われる妊娠線予防クリームの中でも、このような基準で選ぶことが大切ですね。

 

ですが、おすすめのクリームを実際にすべてを試すというのは無理に近いですし、お金も掛かります。

 

そこで、このページでは管理人が、コスパや使い心地、保湿力や安全性などの先ほどのポイントからおすすめをご紹介したいと思います。

 

それでは早速、一緒に見て行きましょう♪

保湿力で選ぶおすすめの妊娠線予防クリーム

保湿力は、妊娠線予防クリームの効果を決める大切な要素です。

 

いろいろな妊娠線予防クリームの中でも保湿力の高さで人気のクリームが『ベルタマザークリーム』です。

ベルタマザークリームの特徴

ベルタマザークリーム

ベルタマザークリームの特徴は、保湿力の高さが人気を集めている点です。

 

その反面、塗ってからネチャネチャするといった声もありますが、保湿力の高さはNo1と言えます。

 

『わたしは絶対に妊娠線を作りたくない!』という方におすすめです。

 

また、無香料、無着色、合成成分や界面活性剤などは一切使われていません。

 

ベルタマザークリーム詳細ページ

コスパの良さがおすすめの妊娠線予防クリーム

コスパの良さは大切な要素です。妊娠から出産、産後の子育てと何かとお金も掛かります。

 

それに、妊娠線はお腹だけにできるものではないので、お尻や胸、太もも・・・広い範囲にたっぷり塗ることが大切です。

 

コスパの良さでおすすめの妊娠線予防クリームは『フォーファム・ボディミルク・ボディローション』です。

フォーファムの特徴とコスパ

フォーファム画像

フォーファムのボディローションとボディミルクは、コスパの良さがダントツで1位!

 

他の妊娠線予防クリームは、120g前後で単品3,000〜5,000円前後が標準的です。

 

フォーファムは、300mlで3,132円!となっています。

 

また、日本とアメリカで妊娠線予防クリームの評価ランキング1位を獲得しており、ボディローションについては、ボディミルクで牛乳や大豆などのアレルギーがある方でも安心して使える処方で作られている安全性の高さも高評価の理由です。

 

フォーファム妊娠線予防クリーム詳細ページ

妊娠線予防クリームの選び方と見るべきポイント

タイプ別のおすすめ妊娠線予防クリーム

妊娠線予防クリームは、つわりなどの体調の変化が落ち付き始める妊娠12週目頃から塗り始めるとにんしん線が出来てしまう確率を大きく減らす事が出来ると言われています。

 

まだ、お腹が大きくなり始める前から使い始めると良いと言われる理由は、週が進めば進むほど、女性ホルモンの働きで真皮のコラーゲンやエラスチンが乾燥で硬くなっていくからです。

 

ここで、大切なのがなにを基準にしておすすめの妊娠線クリームの中からこれ!というものを選ぶのかという見るべきポイントです。

 

妊娠線予防クリームを選ぶ際に見るべきポイントは次の4つになります。

 

  • 保湿力
  • 成分
  • 使いやすさ
  • コストパフォーマンス

 

ここにご紹介した基準でおすすめの妊娠線クリームの選び方をひとつずつご紹介していきます。

妊娠線クリームの選び方ポイント@保湿力

タイプ別のおすすめ妊娠線予防クリーム

ここで保湿力というポイントを上げていますが、実はうるおいを表面的に与えるだけの単純な保湿力ではありません。

 

もし妊娠線が単純に保湿するだけで予防できるなら、普通のボディクリームで充分ですし、妊娠線に悩む方もこんなに多くはおられないはずです。

 

ここで保湿力としてテーマに上げるのは、肌細胞にハリを与えてうるおいが逃げないようにする保水力とも言える性能を重視して欲しいという事なんです。

 

セラミドやコラーゲン、エラスチンといった真皮や角質層の細胞同士を結び付けて水分を維持する成分をたくさん含まれている予防クリームを選ぶのが良いでしょう。

 

その理由は、妊娠中に分泌されるプロゲステロンという女性ホルモンの働きで表皮だけではなく真皮からも水分を奪って、その分を赤ちゃんのいる胎内の羊水にしようとする働きがあるからです。
さらに、妊娠後期の26週目以降になると、出産に備えて血液量を多くするためにも水分が必要になります。

 

このような条件で、妊婦の肌は表面だけではなく奥から乾燥しやすくなっているんです。
妊娠線予防はニベアなどの肌表面に油膜を作るだけのクリームでは不充分と言われる理由がここにあるんです。

 

肌の奥に働きかける保湿成分として、おすすめなのはベルタマザークリームに含まれているシラノール誘導体です。
シラノール誘導体は、体内に吸収されるとケイ素という物質に変換されて、真皮や角質層の細胞間の結びつきを強くする働きがあります。

 

つまり表面的だけではなく肌の奥からの保湿が可能になるという事なんですよ。

 

ベルタマザークリームの公式サイトはこちら

ベルタ妊娠線クリーム

 

瑞々しくハリがある肌は良く伸びるので赤ちゃんの成長が速くなっても充分に伸びて、産後にはちゃんと元に戻ります。
そんな力を肌に与えるのが大切なんですね。

 

妊娠線クリームの選び方ポイントA成分

妊娠線予防クリーム おすすめ

妊娠線予防クリームの選び方で見るべきポイントの2つ目は“成分”なのですが、これには二つの意味があります。

 

お腹が大きくなり始めるにつれて、どんどん負担が掛かる真皮の繊維細胞を再生する代謝を上げる栄養素という意味での成分と
お腹の赤ちゃんにとって良くない影響を与えてしまう可能性のある界面活性剤などの添加物を使っていない事です。

 

“妊娠線予防クリーム”の専用品として発売されているものでは、添加物などの心配が必要なものはないと考えても良いのですが、
一般の化粧品にはこれらの成分が含まれている可能性があります。
パラベン(防腐剤)
サリチル酸(殺菌・抗菌剤)
ビタミンA(レチノール・レチナール・レチノインとして表記されています。)
ハイドロキノン(美白成分)
トルエン(揮発油。マニキュアなどに含まれています。)
妊娠線クリームからは少しだけ話が離れてしまいますが、これらの成分が含まれている化粧品やサプリメントは使用を控えた方が無難です。

 

妊娠線クリームの選び方ポイントC使いやすさ

妊娠線予防クリーム おすすめ

使い勝手が簡単なものでないと、妊娠中の12週目から臨月まで、およそ6ヶ月にわたって使い続けるのが難しいですよね。

 

それと、使いやすさのもうひとつの要素としては『使い心地・使用感』といったものもあります。

 

テクスチャーが硬いと感じるものの場合は、塗った時に衣服や下着が貼り付いてしまうような不快感があるべたつきが気になる場合もあります。
ただし、この点に関しては“感じ方に個人差がある”ので、一概に口コミが良いからと言って自分に合っているとは限らない部分があります。

 

こればかりは、実際に使ってみて判断する事になると思いますが、まだつわりが残っているうちから早めに用意するつもりで比較検討を始めるのも一つの方法です。

 

妊娠線クリームの選び方ポイントCコストパフォーマンス

タイプ別のおすすめ妊娠線予防クリーム

妊娠線予防のポイントは“継続と小まめなケア”なのでコストパフォーマンスは重要なポイントです。

 

それだけに、効果が良くおすすめと言われるものを買っても、ケチって少量しか使わなかったり、朝・晩と最低でも一日2回のケアが理想的なところを1回にしてしまったりしては問題です。

 

そんな事になるくらいならお得感があるものをたっぷり使った方がよほど効果が期待できると言うものです。

 

ちょっと言い方がおかしいかも知れませんが、使い方はたっぷりとそして金額的にはお得なものを・・・節約も大事ですから、コスパが良いに越した事はありません。

 

妊娠線を本気で予防したいと考えるのであれば、使いやすさやコストパフォーマンス等を総合的に考えて、選ぶ事がおすすめです。

 

そして、万が一妊娠線が出来てしまった場合の事も考えて、肉割れの原因のコラーゲンやエラスチンといった肌の奥に存在する部分に働きかける事が出来る妊娠線予防クリームはおすすめの一つです。

 

コスパの良さと成分の安全性で選ぶならノコア妊娠線予防クリームがおすすめです。

 

合成界面活性剤や添加物、パラベン系保存料、着色料などは一切使われておらず、高浸透型ビタミンC配合で、口コミの中には『20年来の妊娠線が薄くなった!』という声も。

 

ノコア妊娠線クリーム公式サイト

 

妊娠線の予防クリームで人気のものは?

 

妊娠線予防クリーム出人気のものは、先ほどの市販クリームのお話をさせて頂いた部分でもお分かり頂けたかも知れません。

 

やはり肌やお腹の赤ちゃんに安心して使える妊娠線予防クリームというのが、人気であると同時に選ぶポイントにもなっています。

 

次に大切なのは、浸透力の高さ。つまり性能の高さですね。

 

そして、つわりがある時期から始めた方が良いと言われるのが、最近の妊娠線予防の最新の考え方になりますので、使う期間の長さを考えると人工香料を使っていないとか、価格が安いと言ったところも人気のポイントになります。