産後の妊娠線は予防だけでなくその後のケアも大切

女性にとって妊娠と出産は、とても重要なライフイベントであるのですが、それによって出来てしまう妊娠線や肉割れは出産後にはないようにしておきたいですね。

 

妊娠線や肉割れは予防するクリームやオイルで保湿したり、体重の急激な増加が起こらないようにする事で妊娠線の肉割れが起こる確率を抑える事は出来ます。

 

ただし、妊娠線はお腹だけに出来るものではなく、太ももやヒップ、バストの下側から横にかけて、といった他の部位もケアする必要があります。

 

もうひとつの方法としては、お腹の中で元気に育つ赤ちゃんの成長以上の体重増加をしないように、体重管理としてのダイエットを行う事と言われています。

 

この二つの予防策をきちんと実践する事で未然に妊娠線を防げるようになるのです。

 

当然ですが、産後の人生の方がはるかに長いですから、妊娠線が一度出来てしまうと完全には消す事が出来ないと言われているだけに、コンプレックスになってしまう方も多いんです。

 

ですが、そうは言ってもちゃんとケアして体重コントロールもしていたけど、妊娠線が出来てしまったという方もおられます。

 

一度出来た妊娠線7は完全には消えないと言われていますが、地道なケアを続ける事で、どんどん妊娠線の肉割れ跡が目立たなくなるんですよ。

 

ただしそのためには、肌のターンオーバー力も利用できる成分配合になっている妊娠線専用クリームを使った方が比較的早く改善出来ると言われています。

 

妊娠線・肉割れだけではなくお腹周りのシワもなくしたい!

 

妊娠中には当然ですが、お腹周りの皮膚が急激に伸ばされます。妊娠線が出来るかどうかに関係なく、急激に大きくなったウエストやヒップ周辺は、出産によっていきなり小さくなるんです。

 

これでは、肌にシワが出来てしまうのも無理もありません。

 

そんなシワもなくすためには、クリームやオイルによる保湿マッサージを出産後でも続ける事で皮膚の柔らかさが保たれて、キレイな肌にゆっくり戻っていくんですね。

 

妊娠線と出産後のお腹周り・腰回りのシワは、お腹が大きくなり始める前から、出産後までトータルで考えた予防ケアを実践する事が大切なんですね。

 

また出産後のボディケアが大切で、お腹を引き締めるガードルなどを1ヶ月くらい経て使用していくことが望まれます。

 

体調も整ってきたあたりから同時に、エクササイズも始めていくのも良いでしょう。

 

出来てしまった妊娠線の改善を行う時期というのは、体が元に戻ろうとする期間内にやっておくということが大事になってきます。

 

出産後のお腹を旦那以外の人に見せるということはありえないのですが、水着などを着た時にあからさまにお腹を出すことになります。

 

そういったシチュエーションで堂々と水着を着る事や温泉のお湯を楽しむ事が出来るようにしておきたいですね。