妊娠線を消す治療方法はどんなものがあるの?

妊娠線 治療

妊娠線を出来ないようにお腹周りを保湿クリームなどで
マッサージしていたにも関わらず、妊娠線が出来てしまったという方もおられます。

 

このページでは、出来てしまった妊娠線を消す治療法についてご紹介します。

 

妊娠線治療には、レーザー治療やサーマクールなどの治療の他にも、周りからはほとんど見えないくらいにまで妊娠線が薄くなると言われている妊娠線クリームのおすすめをご紹介します。

 

まずは、妊娠線の治療でもっとも一般的なレーザー治療やサーマクールなどを一緒に見て行きましょう。

 

妊娠線の治療で効果の高いレーザー治療

妊娠線の治療で一般的なレーザー治療法やサーマクールといった方法があります。

 

この治療法は、妊娠線が出来てしまった、皮下組織の脂肪層やコラーゲンをレーザーの熱で再生させるという方法で、効果は非常に高いと言えます。

 

しかしながら、レーザー治療やサーマクールは、しっかりした技術を持っているところにお願いしなければ、危険性も高くなってしまいます。
そして問題になるのは治療に掛かる時間や期間、そして価格です。

 

妊娠線のレーザー治療で有名な恵比寿美容外科クリニックでは

 

  • レーザー治療:60,000円〜
  • サーマクール治療:200,000円〜

 

このような金額で妊娠線の治療を行ってくれますが、これはあくまでもお腹に出来てしまった妊娠線を消す場合のみの金額になります。

 

また、時間や期間も問題になります。
実際にレーザー治療やサーマクールなどの施術を受けている時間は短いものですが、数回のカウンセリングや治療スパンの相談などを行いますので、一回だけ治療に行けば良いというものではなく、何回も通わなければなりません。

 

治療時間や期間の大体の平均としては、およそ1ヵ月から長い人では3ヶ月ほど通う必要があるケースもあるそうです。

 

ですが、完全に妊娠線を治療して元通りのキレイな肌を手に入れる方法としてはもっとも確実で、レーザー治療やサーマクールなどを選ばれる方もおられます。

 

時間的にも予算的にも余裕がある方なら、妊娠線を治療する方法としては悪くない選択肢ではないかと思います。

 

 

妊娠線専用クリームで妊娠線治療は出来ないの?

出来てしまった妊娠線画像

また、出産経験がある女性にとって妊娠線は気になるものですよね。
この悩みを抱えておられる方はとても多く、経産婦のおよそ半数近くとも言われています。

 

しかしながら、妊娠線治療でレーザー施術などを受ける事は、先ほどもご紹介した通り時間もお金も掛かってしまうことから諦めてしまう方が多いんです。

 

ですが、一度出来てしまった妊娠線も薄くする事が出来ると言われる人気の妊娠線クリームがあります。

 

より確実に、完全に妊娠線を消したいという方には、レーザー治療やサーマクールなどの美容外科クリニックがおすすめですが、産後の授乳期の忙しさや予算など、いろいろな都合を考えて『妊娠線クリームでの妊娠線治療』を実践される方も多いんですよ。

 

妊娠線を消したい方のおすすめ専用クリーム

↓↓公式サイトはこちら↓↓

ノコア公式サイトバナー

 

妊娠線の治療について注意したい事

妊娠末期になるとお腹や乳房の周辺に新妊娠線と呼ばれる青赤色の線が出現するのですが、これは腹部や乳房が大きくなることで皮膚が伸び、毛細血管の色が浮き出ることが原因です。

 

また、新妊娠線が分娩後に瘢痕化し、銀白色の線になったもののことを旧妊娠線と呼んでおり、レーザー治療によって目立たなくすることができます。

 

皮膚の状態によって機器を選んでいくことになるのですが、伸びてしまった皮膚を収縮させて症状の改善を目指すことができますし、熱でコラーゲン再生を促進して肌を滑らかにするという効果も期待できます。

 

この治療は短期間で終了するため、子育てをしている人でも気軽に受けることができるでしょう。

 

また、機器の光線が胎児に悪影響を与えることはないと言われていますが、万が一の事も考えられます。

 

そして、出産後出来るだけ早いタイミングで治療を受けるには、授乳のタイミングなどいろいろと考えなければいけませんし、すでにご紹介したようにレーザーによる日焼けのよう状態になってシミも出来やすいという欠点があるため、そのようなリスクも考えなければいけません。

妊娠線 治療

あまりにも深い妊娠線が出来てしまった場合には有効な治療方法という事が出来ますが、レーザー施術は本当の最終手段として選択肢に入れておくべきでしょう。

 

やはり、自然な皮膚の再生力を生かした回復がいちばん理想的な妊娠線の消し方ではないでしょうか。

 

そして、妊娠中の出来るだけ早めの時期から妊娠線クリームなどを使って深い傷にならないようにケアをすることがおすすめです。