薄い妊娠線の解消に妊娠線クリームは使えるの?

薄い 妊娠線 解消

妊娠線が薄い状態の方は、ケアを行うことで出来てしまった跡を改善しやすくなってきます。

 

妊娠線の状態が薄い方は、真皮まで断裂が及んでいなかったり、その状態も軽くなっているため、早めのケアを行うことで状態を改善しやすくなるのです。

 

とくに、出来始めの時には、早めに対策を行うことにより、妊娠線を目立たなくさせることが出来るでしょう。

 

妊娠線が出来てしまった方でも薄い場合は、浸透性の良いクリームを使うことで、綺麗な肌に変えていけるようになります。

 

この時に選ぶべき妊娠線のクリームは、浸透力の高いクリームを選ぶようにしましょう。

 

高浸透型ビタミンCが肌の奥に届くノコアアフターボディケアクリーム

薄い妊娠線の解消に使うクリーム

 

薄い妊娠線の解消に必要な成分や栄養素

薄い妊娠線の解消に必要な成分や栄養素があります。

 

それらの栄養素がちゃんと肌の奥に浸透させてターンオーバーの働きで肌細胞が復活していくのが、妊娠線の解消で大切な事なんです。

 

妊娠線解消の摂るべき栄養素
妊娠線を解消するために摂りたい栄養素の種類は次の通りです。

 

  • ビタミンC
  • 葉酸
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12

 

これらの栄養素は妊娠中に赤ちゃんの成長のために、どちらかというと母体よりも赤ちゃん優先に使われる栄養素になります。

 

体質や肌質、食生活や生活習慣で補ったり、失われにくくしたりしたりするのが必要といわれるのは、母体の健康のために不足しやすい栄養素だからなんですね。

 

ビタミンCは、細胞がターンオーバーのために正常に活動するために必要なのですが、コラーゲンの体内での生成に関わる栄養素でもあります。

 

妊娠線は、肌の表皮の下で起こるコラーゲン繊維の断裂で毛細血管の出血によって赤紫のシマ模様になったり、肌が凸凹になったりする仕組みです。

 

これは、これらの栄養素が妊娠中に母体に不足してしまう事が原因のひとつなんですね。

 

クリームを使うことで、栄養成分を肌の奥まで届けることが出来、肌の断裂や乾燥を解消しやすくなるのです。

 

自己ケアで跡を解消したいと考えたときには、クリームを使ってみるとよいでしょう。

 

クリームを使う時には、肌を軽くマッサージする形で使うことにより、肌のケアを行えるようになってきます。

 

肌の奥まで成分を浸透させたいと考えたとき、肌にこするように使ってしまうのですが、こすることで刺激を与えてしまいより断裂が酷くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

クリームを使う時には、こすり過ぎないように注意しながら使うことで、妊娠線を改善しやすくなるでしょう。

 

クリームを使う時には、肌に刺激を与えないように気をつけてみるとよいです。

 

もちろん、出来てしまった妊娠線はたとえ薄いものでも、すぐに消えるものでは無く、継続的なお手入れが必要です。

 

真皮まで断裂が及んでいないものとは言っても、最低でもターンオーバー5〜6回の間は、地道にケアを続ける事が大切です。

 

地道なケアを続ける事で、少しずつ出来てしまった妊娠線も薄くなって行きますし、最終的には自分で指摘しない限りはほとんど分からないレベルまで改善する事も出来るんですよ。