妊娠線が薄くなる方法やものってないの?

妊娠線 薄くなる

妊娠線は、一度出来てしまうと、痒みの原因となるばかりか、ひび割れが赤く目立つ事で、水着が着れずつらい思いをする方がたくさんおられます。

 

更に、一度出来てしまうと、出産をした後に少しずつ薄くなっては行きますが、完全に消える事はないと言われています。

 

ただ、妊娠中、皮膚が伸びきって赤く目立つ状態になっていた妊娠線は、出産をする事によって、赤い色は落ち着き、徐々に薄くなると言われています。

 

ですが、最終的には白っぽい色になって残っていく事になります。

 

しかしながら、肉割れの跡が完全には消えないからと言って、ケアをおろそかにすると、いつまでも白い線が目立ち続ける事になります。

 

薄くなる為、妊娠中のように赤紫色に目立つという事はなくなり、薄くなってはいきますが、元気な赤ちゃんを産んだ証拠とか、女性の幸せの勲章なんて割り切れるものではありません。

 

妊娠で頑張った証と言われても、日々の生活や、いざ家族で温泉旅行に出掛ける時など毎回気になってしまうようでは辛すぎます。

 

もちろん妊娠中に、肌の保湿をしっかりと心がけるようにするだけで、ひび割れが起きる可能性を減らす事が出来ます。

 

ですが、ちゃんとケアをしていたにも関わらず、急激な体重増加などの要素も加わって妊娠線が出来てしまう方もおられるのが事実です。

 

妊娠線 薄くなる産後の肌は妊娠線を消すチャンス!?

 

妊娠中の妊娠線予防も大切なのですが、妊娠中は肌のうるおいを奪う黄体ホルモンが分泌される状態です。

 

産後は肌にうるおいを取り戻すエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が盛んになり始めます。

 

産後の肌で妊娠線が薄くなる方法

女性ホルモンのバランスが戻りつつあるタイミングで、ターンオーバーを活性化させてあげられる妊娠線クリームを使って丁寧にマッサージしてあげる事で、妊娠線は一層薄くなる効果が期待出来るんですよ。

 

普通の保湿クリームでも、少しずつ肉割れの跡は薄くなっては行きますが、それには何年も掛かってしまいます。

 

少しでも、早く妊娠線の跡が薄くなるようにするには、肌の再生力を高めるのがいちばんです。

 

それには、肌細胞の生まれ変わりを促進する事が期待できる栄養素が、たっぷり入った妊娠線クリームが最適なんですよ。

 

合わせて読みたい記事
出来てしまった妊娠線のケアにアルガンオイルの効果はどう?