ヴェレダマザーズボディオイルの特徴と魅力

ヴェレダマザーズボディオイル

ヴェレダマザーズボディオイルは、梨花さんが妊娠中に使っていたボディオイルです。

 

このオイルは、梨花さんの公式ブログにもたびたび登場しますが、
梨花さんはこのオイルだけで妊娠線予防をされていたようで、産後もキレイなボディラインや肌をキープしているのはご存じの通りです。

 

そこで『わたしも梨花さんと同じオイルを使ってみたいけど、その前に詳しく特徴や効果、コスパを知りたい!』という方と一緒に詳しく見て行きたいと思います。

 

WELEDAマザーズボディオイル

ヴェレダマザーズボディオイルの特徴

ヴェレダマザーズボディオイル

ヴェレダマザーズボディオイルの特徴は

  • 助産師と共同開発しているオーガニックオイル
  • 香りはエッセンシャルオイル100%のもの
  • 合成香料や着色料などは一切使っていない

といった特徴があるようです。

 

ヴェレダマザーズボディオイルの使い方、用途は

  • 妊娠中の肌の乾燥・ツッパリ感などを軽減
  • つわりや気分の悪さなど妊娠初期の不調の軽減

といった働きと用途の目的で開発されたボディオイルなんですね。

ヴェレダマザーズボディオイルの効果

ヴェレダマザーズボディオイルの効果は、妊娠線予防以外にも欲しくなるような効果です。

  • ホルモンバランスの変化による肌の乾燥をカバー出来る
  • エッセンシャルオイルの香りで精神的な安心感を得られる
  • ビタミンEトコフェロールを含有するアーモンドオイルの働きで肌のハリ感アップ

実際に、産後の肌のケアに使っておられる方も大勢いて、
赤ちゃんのお世話のために『どうしても自分のことは後回しになってしまうママの悩み』を軽減してくれると評判です。

 

梨花さん以外にも、優木まおみさんや小畑由香里さん、星玲奈さんも
妊娠中の肌のケアに使っていたのは、こういった評判の良い効果があるからなのか知れませんね。

ヴェレダマザーズボディオイルの使い方

ヴェレダマザーズボディオイル

ヴェレダマザーズボディオイルの使い方は簡単です。

 

1日2回〜3回、お腹やお尻、太もも、胸の横と下など、妊娠線が出来やすい部位に馴染ませるように塗るだけです。

 

1回あたりの使用量の目安は、手をすぼませた状態で10円玉大の溜まりが出来る程度に取ってあげてケアしたい部分に馴染ませるように伸ばしてあげると良いですね。

ヴェレダマザーズボディオイルの使用感

ヴェレダマザーズボディオイルの使用感は、とにかく伸びが良く、スーッと馴染む感じで塗った後もサラッとしています。

 

ただし、肌が乾燥して粉を吹くほどになるという方には、保湿力が物足りないと感じる方もおられるかも知れません。

 

保湿力については管理人の個人的な感想ではクリームの方が上かなと思いました。

ヴェレダマザーズボディオイルのコスパ

ヴェレダマザーズボディオイルのコスパなんですが、オイルだけに伸びがとても良いのですが、内容量が100mlで意外と少ないんですよ。

 

値段が100ml1本あたりで、1,695円(楽天最安値ショップ価格)という値段で、コスパはクリームに比べれば、比較的良いと言えますね。

 

ボトル1本あたり、オイルの出し方によっては1ヶ月もたないというのがちょっと問題ありだと思います。

 

コスパを求めるなら、管理人としては『AMOMA・マタニティオイル』がおすすめです。

 

AMOMAマタニティオイルは、国産のライスオイルやマカダミアナッツオイルなど、妊娠線予防をつわりがある時期から始められるママにおすすめです。

 

AMOMAマタニティオイルのコスパは、160ml入りで2,299円(税・送料込み)その上、2本まとめ買いや3本まとめ買いで割引が適用されます。

 

詳しくはこちらのAMOMAマタニティオイルの公式サイトをご覧ください。