葉酸の効果 妊娠線にも効果はあり!?

妊娠中は赤ちゃんにもママにも大切な栄養素の葉酸。

 

鉄分やタンパク質、カルシウムなどと同じように妊娠中には絶対に必要と言われる葉酸ですが、実は妊娠中のママの肌にもとてもうれしい効果が期待出来るんですよ。

 

葉酸は、妊娠線予防や出来てしまった妊娠線を改善する効果が期待出来ると言われています。

 

このページでは、そんな葉酸の妊娠線に対しての効果について一緒に見て行きたいと思います。

葉酸で妊娠線を予防出来る!

葉酸は、私たちの体内でタンパク質を合成する働きがあります。

 

人の体は皮膚や爪、髪の毛や臓器などタンパク質で出来ていますよね。

 

タンパク質は、人の体の活動や代謝に深く関係しているんです。

 

そのタンパク質が不足してしまうと、肌荒れや爪が割れやすくなったり、髪の毛がパサついたり、けがをしてしまった時に傷の治りにくかったりしてしまうんですね。

 

急激なお腹周りの成長は妊娠線が出来やすくなってしまいますよね。

 

そこで葉酸を摂取していれば、妊娠線を予防することが出来るんです!!

 

葉酸はタンパク質の合成や生成にしっかりと働きかけてくれるので、肌の代謝機能がアップするんですよ。
肌のターンオーバーが活性化、正常化されるので、皮膚や肌の再生サイクルも促進されます。

 

妊娠線を予防するなら、内側からも外側からも、肌の再生能力を高めたいですね。

 

葉酸で内側から妊娠線を予防

普段の食事で1日に必要な葉酸を摂るのは、とても難しいようです。

 

葉酸は水に溶けやすく熱にも弱いので、頑張って葉酸を摂れるように食事を用意しても、実際は少ししか摂れてないかもしれないですよね。

 

さらに葉酸だけでなくビタミンB群も一緒に摂取するのが効果的。

 

ビタミンB群の中でもビタミンB12は、葉酸と一緒に摂るように心がけたい食品です。
ビタミンB12はレバー類に多く含まれています。

 

しかし妊娠中に毎日摂らなきゃ・・・摂らなきゃって・・・思うとストレスになりますよね。
妊娠中のストレスはよくないです!!

 

葉酸を手軽に効率よく摂取するには、やはりサプリが1番かなと思います。

 

妊婦さん用に作られた葉酸のサプリには、妊娠中に不足しがちな他の栄養素もバランスよく補うものもあるようです。

 

葉酸で外側から妊娠線を予防

内側からの予防だけでなく、外側から妊娠線を予防出来るのは、妊娠線予防クリームやオイルではないでしょうか。

 

妊娠線予防のマッサージは、とても重要ですよね。
オイルやクリームを使ってマッサージをすることによって、乾燥を防ぎ、皮膚が柔らかくなります。
乾燥を防ぎ、皮膚が柔らかく、弾力があれば・・・お腹の皮膚が引っ張られる、伸びるということにも耐えることが出来ます。

 

先ほどもお話したように、葉酸には肌のターンオーバーを活性化、正常化する働きがあります。ここで葉酸が配合されている妊娠線予防クリームを使えば、気になるところにピンポイントで効果が期待できますよね。