妊娠中の葉酸の効果|妊娠線予防にもおすすめ

このページでは、妊娠線予防に対して葉酸が効果的な理由。

 

また、妊娠中に葉酸を積極的に摂取しなければいけない理由をご紹介しながら

 

また、葉酸が効率的に赤ちゃんの健康と母体の健康を守りながら、妊娠線予防に活用できる方法をご紹介します。

 

葉酸は、妊娠すると産婦人科の先生や看護師さんにも摂取する事を勧められる栄養素ですよね。

 

その理由は、葉酸がタンパク質を合成する力を持っており、お腹の中の赤ちゃんの成長や妊婦さん自身の健康を維持するために絶対に必要な栄養素のひとつだからなんですね。

葉酸ってなに?

葉酸は。1941年にホウレン草から発見された栄養素で、分類上はビタミンB群のひとつです。

葉酸が摂れるホウレン草

また、ビタミンCなどと同じく、水溶性ビタミンのひとつで過剰摂取の心配はありません。

 

葉酸は通常生活を送っている状態ならば、体内で合成される栄養素のひとつなので、不足する事は考えにくい栄養素です。

 

しかしながら、妊娠中で赤ちゃんの胎盤を作ったり、赤ちゃんの身体そのものを作っている最中、あるいは赤ちゃんのために葉酸を与える母体側には不足してしまう栄養素なんですよ。

葉酸の妊娠線予防の効果

葉酸は、妊娠中に摂る事を勧められる栄養素のひとつです。

 

しかしながら、葉酸がどのような働きで妊娠線予防に効果的なのかを簡単にご紹介したいと思います。

 

冒頭でも軽く触れましたが、葉酸はわたし達人間の体内でタンパク質を合成する働きがあります。

 

タンパク質は、わたし達人間の体の中で、皮膚や臓器、すべての活動や代謝に関わっていますし、肌もタンパク質が不足すれば、荒れやすくなったり傷が治りにくかったりします。

 

ここで、ピンと来られた方はさすがです!
妊娠中に肌を柔軟に保つためには葉酸が欠かせない栄養素のひとつだからなんです。

 

このサイトでもご紹介している妊娠線予防クリームの多くが葉酸が含まれており、その理由が今ご紹介した妊娠線予防に葉酸が効果的だからなんですね。

 

中でも、葉酸の配合量と安全性にこだわった妊娠線予防クリームがベルタマザークリームなんですよ。

 

ベルタマザークリーム公式サイトボタン

 

また、妊娠線予防はもちろん、身体全体の健康維持を赤ちゃんにとっても妊婦さん自身にとっても役立てていく事が、産後に元気な赤ちゃんを抱っこしてニコニコしているキレイなママになるためにも絶対に欠かせない栄養素なんですね。

葉酸の体内での働きと効果

葉酸は、妊娠するとサプリメントで摂取する事を勧められるほど、妊婦さんにとっては大切な栄養素です。

 

その理由は、このページでもここまでご紹介してきたとおりですが、ここで改めて体内での葉酸の働きと効果を振り返ってみましょう。

  • ビタミンB12と一緒に、造血作用に関わる
  • タンパク質の合成や生成に深く関わる
  • 血流の正常化を図り、脳機能を改善
  • 流産や早産を予防する働き
  • 細胞分裂を促進サポートするため、皮膚粘膜を守る

また、お腹の中にいる赤ちゃんにとってはどういった働きがあるのかも一緒に見てみましょう。

  • 二分脊椎症や神経管閉塞症の予防
  • 死産や奇形児、未熟児の予防
  • 細胞分裂を促し、健康で元気な赤ちゃんになる成長をサポート

妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにもこういった働きと効果があるため、葉酸の摂取が大切なんですね。

葉酸は妊娠中にどのくらい摂れば良い?

妊娠中に葉酸を摂るべき量は『1日あたり400μg(0.4mg)』というのが厚生労働省の推奨値です。

 

これは、先ほどご紹介したような『妊娠中のママの健康と赤ちゃんの成長に必要な栄養素だから』という事ですね。

 

ただし、これを食べ物だけで過不足なく補おうとすると、なかなか大変です。

葉酸を摂れる食材は?

  • たたみいわし(100g中1900μg)
  • 焼き海苔(100g中1600μg)
  • 納豆(100g中120μg)
  • 鶏レバー(100g中140μg)
  • うなぎの肝(100g中380μg)

これらの食材が葉酸が豊富なのですが、うなぎの肝や鶏レバーは、妊娠中に過剰摂取が心配なビタミンA(レチノール)も一緒に摂ることになってしまうため注意が必要です。

葉酸の過剰摂取は大丈夫?

葉酸は、基本的に水溶性ビタミンB群のひとつなので、余分に摂ったとしても水分と一緒に排出されるために過剰摂取の心配はありません。

 

ただし、葉酸には2つの種類があります。

  • モノグルタミン酸型(サプリメント)
  • ポリグルタミン酸型(天然型)

この2つに分けられます。

 

厚生労働省や日本国内の各大学研究室、海外の研究グループの発表によると、赤ちゃんの神経管閉塞(NTD)の予防に効果が認められたのはサプリメントに配合されているモノグルタミン酸型の葉酸となっています。

 

なので、他の栄養素全体とのバランスを考えると、食事から半分、サプリから半分といった感じで必要な葉酸を摂るというのが安心出来るのではないでしょうか。