胸の下に出来た妊娠線はどうすれば良いの?

妊娠線と言えば、主にお腹にできるイメージが強いですが、お腹だけではなく胸の下に持ってきてしまうことがあります。
胸の部分であれば、水着を着た時もなかなか見られる部分ではないかもしれませんが、パートナーとの営みの時にどうしても気になってしまう部分でもあります。
ここにできてしまった妊娠線に対してはどのようなアプローチができるのでしょうか?
ここでは妊娠線の基本情報を簡単におさらいした後、発生してしまった妊娠線に対してどのような対策をとれば良いのか見ていきたいと思います。

 

そもそも妊娠線ってなに?

ほとんどの妊婦さんはご存じかと思いますが、妊娠線とは妊娠中にお腹周りに出来てしまう肌のひび割れによる内出血で出来てしまう線のことを言います。

 

肌表面がひび割れてしまうのではなく、肌の角質層の下の皮下組織が、お腹の赤ちゃんの成長に合わせて大きくなっていく早さに追い付けなくなってしまうために出来てしまうんですね。

 

また、妊娠線は冒頭でも触れましたが、お腹周りだけに出来るものではありません。

 

妊娠線の原因はなんなの?

妊娠線はお腹を中心に胸の下や背中、ヒップ周りや太もも、また体質によっては肩や腕に出来てしまう方もおられます。

 

この妊娠線の原因は、妊娠初期から起こるホルモンバランスの変化によって肌から水分が奪われてしまう事によります。

 

妊娠中は、主に3つの女性ホルモンがたくさん分泌されるのですが、その中で妊娠初期に分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピンと呼ばれるホルモンが、コルチコステロイドという物質を生成してしまい、それが肌から水分を奪い始めます。

 

実は、この妊娠初期の段階で、妊娠線が出来ていないうちに予防のために肌の保湿とマッサージを行ってあげるのが良いと言われ始めています。

 

以前は、安定期に入って(5ヶ月目頃)から、クリームやオイルなどで保湿すれば充分な予防が出来ると言われていいました。

 

ところが、先ほど登場したコルチコステロイドの存在が、妊娠線の直接的な原因になる物質である事が分かってからは、妊娠初期のうちからケアをするというのが理にかなっているようです。

 

妊娠線が胸の下に出来る理由

妊娠線が胸の下に出来てしまう理由は、肌の乾燥によるところが大きいのですが、
妊娠後期の臨月になってから出来る方もおられるように、

 

少しずつ出産と産後に向けて胸が張り始める事に理由があるようです。

 

さらに、すぐ下のお腹はすでに大きくなっており、肌に伸びる余力がない事もあります。
加えて、先ほど説明したような肌の乾燥が直接的な引き金になってしまうのが、胸の下に妊娠線が出来てしまう原因と言えます。

 

やはり、肌の保湿を内部と肌表面の両方を同時に行えるようにする事が大切なんですね。

 

妊娠線が出来たらどうすれば良いの?

妊娠線が出来た時点で、諦めてしまう方が多いようです。

 

しかしながら、妊娠線は出来てしまったばかりにの状態でケアを止めてしまうと、半年ほどで妊娠線が内出血の赤紫の線から色が白くなって目立たなくなる代わりに、旧妊娠線と呼ばれる肌の凸凹が目立つ傷跡になってしまいます。

 

そうならないように、妊娠中にケアを行っておられた方なら、そのまま続けて頂く事をおすすめします。

 

なお、妊娠線の対策としてはレーザーを活用したりクリームを活用したり、オイルを使ったり、様々な方法があります。
結論から言うと自然治癒を待っていても、かなり時間がかかってしまう上に、なかなか現場が変わらない場合も出てきてしまいます。
高額なお金を払ってまでクリニックに行かなければいけないわけではありませんが、最低限専用のクリームやオイルなどを活用して自宅での定期的なケアは行っていきたいところです。
ケアといっても難しいものではありません。
妊娠線を改善させるのに特化したクリームを選び、それを使って毎日やさしくお肌をケアしてあげるだけです。なお、オススメクリームについては、以前私も使っていた「ベルタマザークリーム」こちらがお勧めです。