妊娠線と妊婦のダイエットって関係あるの?

妊娠線予防とダイエットは、密接な関係があります。
短期間で急激に太ると、肌のひび割れができやすいというのと同じで、この仕組みが妊娠線の原因だからです。

 

妊娠中のダイエットは、妊娠中の健康維持にもつながるので、
ちゃんと適正値を守るような体重管理をしっかりやって行きたいものです。

 

それが、正しい妊娠線予防にもつながるため、
できるだけ詳しく分かりやすく具体的な対策の方法まで一緒に見て行きたいと思います。

なぜ妊娠中ダイエットが必要なの?

妊娠中ダイエットが必要な理由は、妊娠中の急激な体重増加が母胎の健康と赤ちゃんの成長や奇形児の確率などに深くかかわっているからです。
妊娠中はもともとのBMI数値(ボディ・マス・インデックス)によって個人の体格差なども考慮した指標が作られて、それを実施することが理想的です。

 

もともと、やせ型で体脂肪率やBMIが低い方は、ちょっと多めに体重が増えても良いとされていて、
その逆に、太り気味の方の場合は、できる限り妊娠中の赤ちゃんのための
羊水、胎盤、血液量、赤ちゃんの自身の体重である8kg前後以上は太らないことを求められます。
このような観点から、しっかりとした体重管理をするための栄養管理と適度な運動が大切になってくるんですね。

 

ですが、妊娠中のダイエットとは言っても何日も食べずに過ごしたり、
栄養バランスを考えないダイエット食品だけ食べて、無理やり短期間で体重を何とかしようとするのはおすすめできません。

 

そこで、このページでは妊娠線予防と妊娠中ダイエットについて一緒に詳しく見て行きたいと思います。

妊婦さんが太りやすい理由

ただでさえ妊娠中は安定期の頃から先は急に太りやすくなります。
これは赤ちゃんを守るためにホルモンバランスが変化することで脂肪と水分をたくわえようとするからです。

 

妊婦さん自身の身体の中にそういった基本特性ができあがってしまうのは、
もし万が一転倒や事故などで大けがを負って、何日も自力で食事をしたり、
適度な水分補給ができなくなってしまう状況になったとしても
『それでもお腹の赤ちゃんには最低限の栄養が届くようにするため』なんです。

 

先ほど、太ってしまった体重を短期間で何も食べずに過ごして何とかするようなダイエット方法は危険ですとご紹介しました。
妊娠中にお腹の赤ちゃんのために脂肪と水分をたくわえようとする基本特性がある限り、
短期間で何とかしようと思って絶食したりしても、あまり効率的ではないということなんです。

 

頑張りの量が局所的に多い割には、あまり報われません。
その上赤ちゃんに対しての栄養補給やそのバランスが乱れて行くというリスクばかりが高まってしまうため、無茶なダイエットはおすすめできません。